専業主婦で即日融資を受けるには?すぐに借入する方法と注意点

/

専業主婦で即日融資を受ける方法

記事の監修者

沖元 晃司 2級ファイナンシャル・プランニング技能士、行政書士

行政書士おきもと事務所代表。相続関係・給付金申請代行などの業務を行っており、お金との付き合い方に関する相談・サポートを行っている。気軽に相談できる街の法律家として、活躍中。

>>行政書士おきもと事務所

専業主婦も急な出費があり、すぐにお金が必要になる場面もあります。すぐにお金が用意できる方法はどのようなものがあるのでしょうか。それぞれメリットとデメリットを紹介しながら金融機関からの即日融資に適した借入方法を紹介していきます。

専業主婦が金融機関から即日融資を受ける方法

金融機関は返済できる人に融資を行いますが、専業主婦は収入がないため、借入する方法が限られてきます。

選択肢は少ないですが、専業主婦が金融機関から即日融資を受けられる方法はいくつかあります。2つの方法を紹介するので、参考にしてください。

1:消費者金融の配偶者貸付

消費者金融は一定収入があり、返済能力がある人を対象に融資をしているため、原則収入がない専業主婦の名義では利用できません。しかし、消費者金融の配偶者貸付を利用した場合、最短即日融資をしてもらえる可能性があります。

配偶者貸付

配偶者の年収と合わせた額で算定した額を貸し付ける方法。

借入れを希望する方の年収に配偶者の年収を加えた額の1/3までなら融資を実施することがあります。つまり、年収が0円の方でも、配偶者に300万円の年収があれば、100万円まで借入れできる可能性があるというわけです。

配偶者貸付のメリットとデメリット

配偶者貸付のメリットは即日融資が可能になることです。本来だと専業主婦の場合、収入がないため、融資を断られてしまうことがほとんどです。

仮に融資を受けられたとしても、金融機関の審査に数日時間を要するため即日の借入は不可能です。

しかし、配偶者貸付を利用すると、即日融資が可能な消費者金融を配偶者の収入をもとに利用できるため、すぐにお金を借りることができます。

デメリットは必要な書類が多い点と、配偶者に知られずに利用することはできない点です。

配偶者貸付は配偶者の収入で返済能力の有無を判断する方法ですので、配偶者の同意が必要になります。配偶者の同意を示す内容の同意書の提出が求められるため、必要な提出書類は一般的な借入よりも増えます。

また同意書などの書類には配偶者のサインや捺印が必要になるため、知られずに利用はできません。配偶者に知られずに借入したいと考えている人には、配偶者貸付は向いていません。

もし配偶者からの許可があり、急ぎでお金を用意しなければならない人は配偶者貸付の利用を検討してみるとよいでしょう。

配偶者貸付に必要な書類

配偶者貸付に必要な書類

  • 婚姻関係の証明書

    住民票など

  • 本人確認書類

    運転免許証・健康保険証などを本人と配偶者の2人分

  • 配偶者貸付に関する同意書

配偶者貸付を利用するにあたって、配偶者との関係性を示す書類に加え、同意書も必要です。

さらに、配偶者本人であることを証明する本人確認書類も必要になるため、2人分の確認書類を用意しなければなりません。

配偶者貸付に必要な書類は各金融機関によって異なる場合もありますので、事前にお問い合わせください。

2:利用しているクレジットカードのキャッシング機能を使う

普段利用しているクレジットカードの中には、キャッシング機能が付帯しているものもあります。そのキャッシング機能を使えば、提携先のATMなどで即日に借入することができます。

しかし、クレジットカードを持っていない、もしくはキャッシング機能が付帯していないこともあるでしょう。

新規でキャッシング機能を付帯したクレジットカードを作成する場合、書類の提出や審査が必要になるので、即日融資はできません。

つまり、即日融資は借入したいタイミングで手元にキャッシング機能が付帯したクレジットカードがある人のみできる方法です。

専業主婦が自分の名義で使える借入方法

上記では専業主婦が金融機関から即日融資を受ける方法を紹介しました。配偶者の同意やキャッシング機能が付帯されたクレジットカードなど、条件や方法が限られました。

実は、金融機関から融資を受ける以外にも、即日にお金を用意できる方法もあるので、できるものがあるか探してみてください。

質入

質入とは、品物を持ち込みそれを担保にお金を借りることです。質入した場合、期限までに金利を含めて返済できれば品物は自分の元へと戻ります。しかし、返済できない場合は品物は質屋に買い取られてしまうので、注意しましょう。

信用情報の調査もなく、本人確認などの簡単な手続きのみで現金が手に入るため、すぐにお金が欲しい人に適しています。

質入で借入できる金額は?

質入で借入できる金額は査定額の7割から9割の金額です。例えば、ブランドバックを質入し20万円の査定結果が出た場合14万から18万程度の借入が可能です。

一般的に商品価値が高いブランド物や貴金属が対象になります。購入した時の価値よりも現在の人気やプレミア価値なども考慮して査定されます。

質入の金利は消費者金融より高い

質入した場合期限までに金利を含めて返済しなければ、質屋の所有物になります。担保として出した物を買い戻すためには期限内に返済しなければいけません。ただ、質入の金利は高く設定されており、年利にすると108.0%ほどになります。

消費者金融の上限金利は18.0%と設定されていることが多いため、10万円を1年間借入した場合、消費者金融は18,000円の利息、質屋は108,000円の利息が発生します。そのため、質入の利用は慎重に検討する必要があるといえるでしょう。

生命保険の契約者貸付制度

契約内容によっては生命保険に契約している契約者を対象に貸付を行なっている場合があります。最短で即日の融資も可能です。

契約者貸付制度が利用できる生命保険に加入している人で、金融機関からお金を借りることに抵抗がある人に適しています。申込時間によっては翌日以降になることもありますので、急ぎで現金を必要としている場合はご確認ください。

生命保険の契約者貸付制度で借入できる金額は?

生命保険の契約者貸付制度を利用すると、解約返戻金の7~9割まで借入できます。解約返戻金より少なく設定されているのは、解約返戻金以上の金額を借りて返済ができなくなった時を考慮しているからです。

返済できない場合強制解約になる

生命保険の契約者貸付制度を利用し、万が一返済期日までに返済できなかった場合は強制解約になります。万が一の時の備えとして加入している生命保険ですが、いざという時に保険契約が失効し保障を受けることができない恐れもあります。

融資を急いでいないなら他の方法も検討してみる

専業主婦が即日融資を受ける方法は限られてしまいます。しかし、「即日融資じゃなくても大丈夫」という場合は、融資を受ける方法が増えるので、急いでいない方は他のやり方を検討してみるとよいでしょう。

  • 生活福祉資金貸付制度

  • 銀行カードローン

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、厚生労働省が管轄している制度です。低所得によって生活が困窮している人や障害者または高齢者世帯対象でお金を借りられる公的融資制度を指します。

公的な融資制度ということで、生計が困難な人を救済する目的で行われています。そのため、銀行や消費者金融などの借入を断られた人も対象になります。

生活福祉資金貸付制度

  • 総合支援資金

    生計を立てるうえで必要な費用

  • 福祉資金

    介護や通院などにかかる費用

  • 教育支援資金

    子供の学費や授業料など

  • 不動産担保型生活資金

    土地や住居を持っている高齢者の生活費

審査や貸付決定については各都道府県および市町村の社会福祉協議会が行なっていますので、制度を利用したい人は地域の社会福祉協議会に問い合わせる必要があります。

生活福祉資金貸付制度を利用する条件

生活福祉資金貸付制度を利用できる条件は以下の通りです。

生活福祉資金貸付制度を利用できる条件

  • 生活が困窮している家庭

  • 障害者、高齢者と同居している家庭

  • 新型コロナウイルスなどで仕事に支障があり、生活が困窮している家庭

詳しい年収や条件については各社会福祉協議会ごとに異なります。また、多重債務者で年収の1/3以上の借入や公的融資制度の利用がすでにある人や生活保護受給者は借入不可能とされるケースがほとんどです。

銀行カードローン

カードローンと聞くと、アイフルプロミスなどの消費者金融をイメージする人が多いようですが、銀行でもカードローンによる貸付を行なっています。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは、総量規制の有無にあります。

消費者金融の貸付は、年収の1/3までの借入とする総量規制の対象ですが、銀行の貸付は総量規制の対象外です。

そのため、専業主婦で収入がない場合であっても自分の名義で借入できる場合があります。

ただし、銀行による貸付の場合、反社会的勢力による被害を防止するための指針に基づき、反社会的団体とのつながりの有無を警視庁データベースで照会するよう法律で義務付けられています。

新たに警察庁データベースへの照合作業が必要になったため、銀行からの借入で即日融資は不可能です。融資までには数日時間を要し、早くても翌日となります。

そのため銀行カードローンは、お金を急ぎで必要としているわけではないが、配偶者に知られたくない人に適しています。

専業主婦が銀行カードローンで借入できる金額

専業主婦が銀行でカードローンで借入をする場合、多くて50万円までです。

借入の際、50万円以上の借入をする場合は源泉徴収票や所得証明書などの収入を証明できる書類の提出が定められています。

そのため、収入がない専業主婦の場合、最大でも50万円までの借入となり、場合によってはそれよりも少なくなる可能性もあります。

専業主婦が利用できる銀行は?

銀行のカードローンを展開している銀行であっても、専業主婦への配偶者貸付に対応している銀行は少数です。

収入がない専業主婦対象の貸付はすべての銀行で行っている制度ではなく、行っている銀行はネット銀行や地方銀行が主です。

専業主婦が利用できる銀行カードローン

銀行のカードローンは即日の融資はできませんが、慣れ親しんだ銀行で、自分の名義で借入できる点が安心ですね。

収入がない専業主婦でも融資してもらえる銀行のカードローンを3つ紹介していくので、自分の目的に合うものを探してみましょう。

専業主婦が利用できる銀行カードローン

  • イオン銀行カードローン

  • PayPay銀行カードローン

  • 新生銀行スマートカードローンプラス

イオン銀行カードローン

全国各地に店舗を構えているイオンが運営しているネット銀行です。

イオン銀行のカードローンは他の銀行のカードローンと比べて低金利です。

一般的な銀行のカードローンの金利が年15%前後で定められていますが、イオン銀行のカードローンの最高金利は年13.8%です。

長期間借入する人や、できる限り利息を抑えたい人に最適です。

イオン銀行カードローン

金利
年3.8~13.8%
借入限度額
800万円
融資スピード
翌日以降
イオン銀行カードローン
  • コンビニATM手数料無料
  • 申込から契約までWEBで完結
  • 上限金利が年13.8%と低金利

公式サイトはこちら

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行はキャッシュレス決済で有名なPayPayのアプリを活用した借入も可能です。

審査に通過後、PayPayのミニアプリから残高へチャージできるので、手続きから利用までとてもスムーズです。

契約から30日以内の返済で無利息借入も可能なので、とっさのタイミングでお金が足りなくなったものの、すぐに返済できる人は無利子で借入もできます。

PayPay銀行カードローン

金利
1.59〜18.0%
借入限度額
1,000万円
融資スピード
最短翌日
PayPay銀行カードローン
  • 返済は月々1,000円から
  • 主婦やアルバイトの方も申込OK
  • 金利の下限値は業界最高水準

公式サイトはこちら

新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行のスマートカードローンプラスは、新生銀行の口座がない人も借入できます。

また、コンビニATMから借入できることに加え、TポイントのプレゼントやTポイントを利用した返済も可能です。

借入や返済における利便性を求める人や、Tポイントを日常的に利用している人に適しています。

新生銀行スマートカードローンプラス

金利
4.5%~14.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
翌日以降
新生銀行スマートカードローンプラス
  • 初回契約でTポイント最大2,000ポイントプレゼント
  • 提携先のコンビニATMは手数料0円
  • インターネットバンキング利用なら24時間365日お借入・ご返済可能

公式サイトはこちら

パートなどで収入を得れば消費者金融を利用できる

専業主婦で全く収入がない場合は、返済能力なしとみなされるため消費者金融からの借入は基本的にできません。

しかしパートやアルバイトで収入があれば、雇用形態問わず消費者金融の利用は可能です。

消費者金融はかつてサラリーマンが対象のサラ金と呼ばれていましたが、今はパートやアルバイトの人にも融資をしている実績があります。

パートやアルバイトにも融資を行っている実績がある、大手消費者金融を紹介します。

パートやアルバイトでも利用可能な大手消費者金融

  • アイフル

  • プロミス

  • アコム

アイフル

アイフルは主婦やパート、アルバイトをしている女性への融資を積極的に行っている消費者金融です。

WEBからの申込だと最短25分で融資をしてくれますし、電話による在籍確認を基本的に行っていないため、勤務先の人にもバレにくいという特徴があります。

以上のことから、アイフルは周囲に知られるリスクをできる限り減らしたい人に最適です。

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

プロミス

プロミスの審査結果は最短で30分で分かるため、非常にスピーディーです。

申込から借入まで全てWEBで完結するため、郵送物が自宅に送られてくる心配がありません。さらに、上限金利は年17.8%と大手消費者金融の中では低めに設定されているのも大きなメリットといえるでしょう。

また、初めて消費者金融を利用する女性も安心して利用できるよう、女性専用ダイヤルも用意しています。

これらのことから、プロミスは融資を急いでいて、利息も抑えたいという方に選ばれています。

プロミス

金利
年4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分(WEB)
プロミス
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

公式サイトはこちら

アコム

アコムは30日間無利息サービスの利用がメリットです。

アコムを初めて利用する人は契約日の翌日から30日間利息がかからないので、すぐに返済できれば利息を払わずに借入できます。銀行振込による借入は24時間365日いつでも申込でき、手数料は0円です。

以上のことから、アコムはすぐに返済できる見込みがある人に適しています。

アコム

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!利用者数ナンバーワン
  • 申込から借入まで最短30分の即日融資も可能!
  • 新規契約から30日間は金利0円

公式サイトはこちら

専業主婦が融資を受ける際にやってはいけないこと

専業主婦の借入に限りませんが、融資を受ける際に絶対にやってはいけないことがあります。もしもこれらの行為をした場合、融資を断られたり、自身の生活や周囲の人々に迷惑をかけたりすることになってしまいます。

違法な貸金業者の利用

貸金業者の中には法律に則った営業を行っていない違法貸金業者も存在します。金融機関の審査に通らない場合でも、違法な貸金業者は絶対に利用してはいけません。

違法貸金業者

貸金業の届出なく貸金業を営む業者。広告の登録番号の表示に架空の登録番号を使用、または他の貸金業者の登録番号を使用するなどして登録業者を装っている。

違法貸金業者を利用した場合、法外な利息の要求や、時間や場所を問わない取り立てを受けることが考えられます。

これらの行為が自身のみならず、自分の周りの家族や職場などにも及ぶため、絶対に違法な貸金業者を利用してはいけません。

違法貸金業者の見分け方

一見すると違法貸金業者かどうか分からないことも多々あります。その際は広告の内容や謳い文句をチェックしてください。

連絡先として、携帯電話の番号が掲載されている場合は違法貸金業者です。貸金業を営む場合、固定電話を連絡先として登録する義務があるため、携帯電話の番号のみ掲載している場合はお気をつけください。

さらに広告の文言で「誰でも」「審査なしで」など、一見簡単に借入できるような謳い文句がある場合は、違法貸金業者の可能性が高いです。

より確実な方法は金融庁の検索ページの利用です。貸金業には、その所在地を管轄する財務局長または都道府県知事の登録を受けずに営業してはいけないとの定めがあります。

そのため、届出を提出し法律に則った営業を行なっている金融機関は検索ページで検索可能です。届出番号を表示していない、検索ページで該当しない場合、違法貸金業者と言えます。

虚偽の報告をしない

審査に通りたいがために収入や他社の利用状況を偽ることはおやめください。

「バレなければいいでしょ?」と考える人もいるでしょうが、審査の時に嘘の申告が明らかになると、信用できない人とされ審査に落とされてしまいます。

信用情報は信用情報を取り扱う機関による長年の調査結果があるため、バレないことはまずありません。

嘘の申告をした場合、融資を断られるばかりでなく、今後の借入や他ローンの審査にも影響がありますのでおやめください。

専業主婦の即日融資に関するQ&A

Q1:女性でカードローンを利用している人の割合はどれぐらい?

A.カードローン利用者の3人に1人は女性です

消費者金融の中では、女性の顧客を獲得しようと女性専用ダイヤルを設置している所もあります。

消費者金融系カードローンの利用者数713万人から男女の比率を見ていきます。男性は63.7%、女性は36.7%で、借入している人の3人に1人は女性です。

融資の際は性別ではなく、信用があるか、返済能力があるかどうかを見ています。

Q2:専業主婦が2社以上同時に契約することはできる?

A.専業主婦の場合、複数社からの借入をすることは難しいです。

なぜなら、主婦は個人的な収入がなく、50万円までと利用限度額が定められていることが多いからです。

また、主婦の場合2社以上から借入となると過剰融資になりやすくなってしまいます。主婦が返済できないリスク、金融機関が返済してもらえないリスク等を考えると複数社から融資を受けるのは難しいでしょう。

Q3:審査に落ちるとどうなる?

A.審査に落ちると、信用情報に登録され、その後の借入やローン契約に影響を及ぼす可能性があります。

信用情報として審査に落ちたことが登録され、今後の借入やローン契約に影響を及ぼす可能性を考慮すると、審査に落ちた直後に別の金融機関に審査を依頼するのは避けるべきです。

まとめ

専業主婦も融資を受けることはできますが、個人的な収入がなく、返済能力がないとみなされてしまうため、借入方法は制限されてしまいます。借入できる金額も制限され、多くて50万円までとなってしまいます。

即日融資を希望する場合、消費者金融を使うことになります。消費者金融は配偶者貸付制度で、配偶者の同意や必要書類があれば即日融資も可能です。

銀行のカードローンの場合、配偶者に知られずに自分の名義の借入が可能ですが、データベース照会が必要なので審査から借入まで数日間要します。

金融機関から融資を受ける場合は、返済計画をきちんとたて、無理のない範囲で借入を行ってください。

PayPay銀行カードローン

金利
1.59〜18.0%
借入限度額
1,000万円
融資スピード
最短翌日
PayPay銀行カードローン
  • 返済は月々1,000円から
  • 主婦やアルバイトの方も申込OK
  • 金利の下限値は業界最高水準

公式サイトはこちら

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

監修者コメント

沖元 晃司 2級ファイナンシャル・プランニング技能士、行政書士

専業主婦の借入方法は限定的

定期的な収入のない専業主婦は、即日融資はもちろん、借入全般においてその手段が限定的です。そのため、急な出費が必要となった際に、調達方法に困ることがあります。普段から家計の管理に気を付けるようにしましょう。

TOPへ戻る