主婦でもお金を借りられる?バレずにカードローンを利用する方法

/

記事の監修者

小松 香名美 2級ファイナンシャルプランニング技能士

和歌山大学 経済学部卒。旅行会社勤務の後、出産のため退職。2018年に保育士資格を取得し、保育園勤務を経験。
2021年にファイナンシャル・プランニング技能検定2級を取得。ファイナンシャルプランナーとして独立し、マネー記事の監修などを行っている。

>>晩婚、高齢出産専門のファイナンシャルプランナー

冠婚葬祭や事故などの思いがけない出来事により、急にお金が必要になるケースもあるでしょう。そんなときは、カードローンを使ってお金を借りるという選択肢が考えられます。

しかし、「主婦だとお金を借りられないのでは?」と不安に思ってしまう方もいるはずです。結論、一定の収入さえあれば、主婦でもカードローンを利用してお金を借りることができます。

とはいえ、利用する上では注意点がいくつかあるため、本記事では家族に内緒でお金を借りる方法や注意点を詳しく解説します。

最後までご覧になれば、安全にお金を借りる方法が理解できた上で、ご自身に合った借入先を見つけられるでしょう。

主婦でも一定の収入があればお金を借りられる

主婦でも一定の収入があればお金を借りられる

自身に一定の収入がある主婦であれば、カードローンを使ってお金を借りられます

カードローンの貸付条件は「年齢が満18歳以上である」「安定した収入がある」の2つであり、アルバイトやパートで収入がある主婦であれば、これらの条件を満たしているケースが多いです。

ただし、カードローンを利用する際には審査があるため、申込めば確実にお金を借りられるわけではありません。明確な審査基準は公表されていませんが、一般的には申込者の「属性」と「信用情報」をもとに判断されます。

  • 属性:年齢や家族構成、住居年数、年収などの個人情報

  • 信用情報:クレジットカードやローン契約などの金銭取引に関する情報

主婦でカードローンを利用する予定の方は、貸付条件や審査の基本を理解した上で、申込みを検討してみてください。

契約時には、すべてのカードローンで審査が発生します。「審査なし」と謳っている業者は闇金融なので絶対に利用してはいけません。

専業主婦の場合

専業主婦は収入がまったくないため、カードローンの貸付条件を満たしていません。また、消費者金融カードローンの場合は総量規制の観点から、収入がなければ確実に審査落ちしてしまいます。

総量規制とは

申込者の年収の3分の1を超える融資を制限する規制のことです。総量規制は貸金業法の一部であるため、すべての貸金業者に適用されます。

これらの理由により、専業主婦はカードローンを基本的に利用できませんが、銀行カードローンであれば融資を受けられる可能性があります。

銀行カードローンは申込者本人が働いていなくても、配偶者に安定した収入があれば、無職とは別の扱いになります。また、銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象になりません。

借入限度額が少ない、即日融資に対応していないなど、一部デメリットはありますが、専業主婦でカードローンを利用したい方は、銀行カードローンを検討してみてください。

消費者金融でも一部の会社は「配偶者貸付」を設けています。専業主婦でも利用できる可能性はありますが、配偶者の同意書を提出する必要があるため、家族にカードローンの利用がバレてしまいます。

主婦でも申込めるカードローン5選

主婦でも申込めるカードローン5選

安定した収入がある主婦に検討していただきたいのは、消費者金融カードローンです。消費者金融であれば、周囲の人にバレないための配慮が徹底されているため、家族や勤務先に内緒で利用できる可能性が高い傾向にあります。

また、消費者金融は最短即日融資に対応しているので、「その日のうちにお金を用意したい」といったケースでも安心です。さらに多くの消費者金融は、期間内であれば無利息で借入できる「無利息サービス」を設けていることから、支払う利息を抑えてお得に利用できます。

なお、主婦に選ばれている借入先は大手の消費者金融です。大手は信頼性に長けているため、安心して融資を受けられます。具体的には、以下の5つが挙げられます。

大手消費者金融実質年率利用限度額審査時間※1融資時間※1無利息期間
アコム3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短30分最大30日間
アイフル3.0%~18.0%1万円〜800万円最短25分※2最短25分※2最大30日間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短30分最短1時間最大30日間
レイクALSA4.5%~18.0%1万円〜500万円最短30分最短1時間最大180日間
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短1時間なし

1 お申込の状況によってはご希望にそえない場合があります。
2 WEBからお申込いただいた場合に限ります。

信頼性・利便性に長けたアコム

アコムは「三菱UFJフィナンシャル・グループ」という、国内最大手の総合金融グループに属しているため、信頼性に長けています。2022年時点での利用者数は消費者金融のなかで最も多い、というのもポイントです。

また、全国各地に有人店舗や自動契約機、提携ATMが設置されているほか、専用アプリの提供も行っていることからも、アコムは信頼性と利便性に長けた消費者金融だと言えるでしょう。

アコム

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!利用者数ナンバーワン
  • 申込から借入まで最短30分の即日融資も可能!
  • 新規契約から30日間は金利0円

公式サイトはこちら

審査・融資時間が早いアイフル

アイフルの特徴は、審査・融資時間が早いことです。WEBからの申込みであれば、最短25分で融資が完了します。「できるだけ早く融資を受けたい」という方に適しています。

また、アイフルは原則、勤務先への電話連絡を行いません。そのため、勤務先の従業員にバレたくない方にも推奨されます。ただし、審査状況により電話連絡を実施する場合があります。万が一連絡があった際は、申込者のプライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡しますので、安心してください。

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

上限金利が低いプロミス

金利にこだわりたい方は、プロミスを検討してみてください。プロミスの上限金利は年17.8%であり、ほかの大手消費者金融に比べて年0.2%低く設定されています。

借入金額に対する金利が低ければ、その分支払う利息の合計金額も少なくなります。また、消費者金融から低額融資を受ける場合、ほとんどのケースで上限金利が選択されることからも、金利や利息を気にする方はプロミスが適切だと言えるでしょう。

プロミス

金利
年4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分(WEB)
プロミス
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

公式サイトはこちら

無利息期間が長いレイクALSA

無利息期間が長いというのがレイクALSAの特徴です。大手消費者金融の多くは、「30日間」の無利息期間が設けられています。その一方、レイクALSAは以下3つの無利息期間から選択できます。

無利息期間適用条件
180日間(適用は5万円まで)・初めて契約する方
・限度額1〜200万円まで
60日間・初めて契約する方
・WEB申込みからの契約
・限度額1〜200万円まで
30日間・初めて契約する方
・限度額1万円~500万円まで

期間ごとに適用条件はあるものの、無利息期間を長く利用したい方はレイクALSAが向いています。

「180日間」「60日間」「30日間」それぞれの無利息期間は併用できません。

レイクALSA

金利
年4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • WEB申込なら初めての人は60日間利息0円
  • 最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

Tポイントを活用できるSMBCモビット

Tポイントを有効活用したい方は、SMBCモビットをご検討ください。SMBCモビットの「Tポイントサービス」に登録すれば、返済金額のうちの利息分に対して、200円で1ポイントのTポイントを貯めることができます。

また、会員専用サービス「Myモビ」を活用すれば、獲得したTポイントを返済に充てることも可能です。そのため、SMBCモビットは「Tポイントを日頃から集めている」という方に選ばれています。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能※
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

内緒でお金を借りたい場合に押さえるべき3つのポイント

内緒でお金を借りたい場合に押さえるべき3つのポイント

消費者金融カードローンはバレないための配慮をしてくれますが、100%内緒で借りられるわけではありません。バレるリスクが少なからずあることから、以下3つのポイントを押さえる必要があります。

  • 1.電話連絡の有無を確認する

  • 2.自宅への郵送物の有無を確認する

  • 3.返済の延滞に気をつける

家族や勤務先に内緒でカードローンを利用したい主婦の方は、以下の詳細をあらかじめチェックしましょう。

1.電話連絡の有無を確認する

ひとつ目のポイントは、電話連絡の有無を確認することです。借入先によって在籍確認の方法が異なり、勤務先への電話連絡を行わない会社もあります。

例えば、アイフルであれば原則として、勤務先への電話連絡を行っておりません。また、SMBCモビットは「WEB完結申込」に限り、電話連絡を基本なしとしています。

このように、借入先によって電話連絡の有無が異なるため、バレたくない方は必ず確認しましょう。

勤務先への電話確認が行われない場合でも、別の方法で在籍確認が実施されます。

2.自宅への郵送物の有無を確認する

自宅への郵送物の有無にも気をつけましょう。消費者金融を契約した際には、契約書やローンカード、利用明細書が届く場合があります。

これらの郵送物は、借入先によっては契約時に届かないよう設定することが可能です。「家族に郵送物の中身を見られてバレる」というトラブルを避けるためにも、郵送物の有無を確認しておきましょう。

カードローンの返済を滞納した場合に届く催促状は、郵送物をなしに設定しても避けられない場合があります。

3.返済の延滞に気をつける

3つ目のポイントは、返済の延滞に気をつけることです。消費者金融でお金を借りた場合、基本的に毎月決まった金額を返済期日に返済します。

この返済期日に間に合わず、大幅に返済が遅れてしまった際は、自宅や勤務先に催促の電話がかかって来ることがあります。自宅に催促状が届くケースもあるため、返済の延滞には特に注意が必要です。

毎月の返済を延滞しないためにも、カードローンを利用する際は返済計画をしっかり立てましょう。

主婦がお金を借りる上での3つの注意点

主婦がお金を借りる上での3つの注意点

主婦がお金を借りる上での注意点は、主に以下の3つが考えられます。

  • 1.借りたお金は借金であると認識する

  • 2.家族にバレた際はトラブルにつながるリスクがある

  • 3.延滞すると他社のローン契約で影響が出る

安心してカードローンを利用するためにも、事前に以下の注意点を確認しておきましょう。

1.借りたお金は借金であると認識する

ひとつ目は、借りたお金は借金であると認識することです。当たり前ですが、消費者金融から借りたお金は後々返さなければなりません。

基本的に消費者金融で借りたお金は、「リボルビング返済」という返済方式で支払います。この返済方式で支払う場合は、毎月の返済額が少額になる代わりに、返済期間が長くなりがちです。

返済期間が長くなると発生する利息の合計金額も多くなってしまうため、「利息をできるだけ減らしたい」と考える方は、早めに完済する必要があります。

消費者金融を利用してお金を借りたい方は、「借りたお金は必ず返す」という認識をした上で、この返済方式と利息の関係性について理解しておきましょう。

なお、上限金利が最も低い大手消費者金融はプロミスです。支払う利息を抑えたい方に選ばれています。

プロミス

金利
年4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分(WEB)
プロミス
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

公式サイトはこちら

2.家族にバレた際はトラブルにつながるリスクがある

家族にバレた際はトラブルにつながるリスクがある、という点も覚えておきましょう。消費者金融はバレないための配慮がされているため、家族に内緒で利用できる可能性が高いです。

しかし、予期せぬ出来事によりバレてしまった場合は、夫婦喧嘩や大きなトラブルに発展する恐れがあります。カードローンは100%バレないわけではないため、可能であれば家族に事情を話した上で利用を検討しましょう。

なお、周囲の人にバレにくい消費者金融としては、アイフルが挙げられます。勤務先への電話連絡や自宅への郵送物を回避できる点から、比較的バレにくい消費者金融だと言えるでしょう。

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

3.延滞すると他社のローン契約で影響が出る

3つ目の注意点は、延滞すると他社のローン契約に影響が出る点です。1ヶ月程度の延滞であれば、借入先に延滞情報が記録されるだけで済みますが、2〜3ヶ月の長期延滞に関しては信用情報に事故情報が登録されてしまいます。

この状態は俗に言う「信用情報のブラック化」であり、しばらくの間は自動車ローンやクレジットカードの審査に通りづらくなります。一度登録されると、最後の返済から最大5〜10年間は解除されないため、長期延滞をしないよう細心の注意をはらいましょう。

信用情報のブラック化が家族にバレて、大きなトラブルに発展することも珍しくありません。

まとめ

本記事では、主婦でも借りられるカードローン、利用する際の注意点を詳しく解説しました。

主婦でも一定の収入さえあれば、カードローンを利用してお金を借りられます。しかし、審査が必要である点や、家族とのトラブルにつながるリスクがあることから、カードローンを利用する際は注意が必要です。

安全にカードローンを利用するためにも、ぜひ本記事で解説した内容を参考にしてみてください。ご自身に適切な借入先がきっと見つかるはずです。

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能※
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

監修者コメント

小松 香名美 2級ファイナンシャルプランニング技能士

主婦でも安定した収入があればカードローンを利用できる可能性あり

カードローン会社によって、申込条件や金利が異なります。家族に絶対バレたくない主婦の方は「WEB完結申込を利用する」「返済期日を守り遅延・延滞をしない」などの心掛けが必要です。情報収集や対策をしっかりした上で申込みをしましょう。

TOPへ戻る