免許証だけでお金を借りることは可能|貸付条件や借入手順

/

アイキャッチ

「免許証だけでお金を借りることはできるの?」という疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

結論、消費者金融の取り扱うカードローンであれば、運転免許証だけでお金を借りられる可能性はあります。

ただし、各消費者金融が定める貸付条件を満たしている必要があるほか、借入希望額によっては収入証明書の提出が必要です。「免許証があれば絶対に借りられる」というわけではありません。

そこで今回は、免許証だけでお金を借りる場合の貸付条件、目的に合わせた借入先を解説。最後までご覧になれば、免許証だけでお金を借りる手順を把握できた上で、ご自身にとって適切な借入先を見つけられるでしょう。

免許証だけでお金を借りるなら大手消費者金融

消費者金融カードローンであれば免許証だけでOK

消費者金融カードローンであれば、免許証だけでお金を借りることも可能です。

本人確認ができれば審査を受けられるため、借入希望額や一部の審査状況を除けば、収入証明書などほかの必要書類がなくても基本的に利用できる可能性は十分あります。

ただし、カードローンの審査では、以下条件に該当した免許証が必要です。

  • フルネームが記載されている

  • 顔写真が添付されている

  • 現住所が記載されている

これら条件を満たしていない場合、審査手続きに時間がかかってしまうため、事前に確認しておきましょう。

審査状況によっては、免許証以外の本人確認書類の提出が求められることもあります。

借入希望額は50万円以下に抑える

免許証1枚で融資を受けたい場合、借入希望額を50万円以下に抑えてください。なぜなら、借入希望額が50万円を超えてしまうと、収入証明書の提出が求められるためです。

収入証明書に該当する主な書類は、以下の通りです。

収入証明書の一例

  • 源泉徴収票

  • 給与明細書

  • 確定申告書・青色申請書・収支内訳書

  • 住民税決定通知書/納税通知書

  • 所得(課税)証明書

  • 年金証書、年金通知書

ちなみに、他社含めた借入総額が100万円を超える場合も同様です。これら返済能力の調査は、「返済能力の調査 第13条|貸金業法」によって定められているため、該当する場合は収入証明書を必ず提出しなければなりません。

これら収入証明書は、消費者金融によって異なる場合があるため、いずれかに該当する場合はあらかじめ提出書類を公式サイト等で確認しましょう。

免許証以外で有効となる本人確認書類

免許証だけでもカードローンを利用できますが、ほかの本人確認書類でも代用可能です。免許証が失効していた場合などは、以下の書類を代わりに提出しましょう。

本人確認書類の一例

  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

  • 健康保険証

  • パスポート

  • 身体障害者手帳

  • 在留カード

ちなみに、顔写真が添付されていない場合や、現住所と記載の住所が異なる場合は、補助書類の提出が必要です。補助書類として有効な書類は、「住民票の写し」や「公共料金の領収書」などがあげられます。

提出する補助書類の種類も、借入先によって異なるケースがあります。詳しくは、借入先のHP等を確認しましょう。

カードローンでお金を借りる際の貸付条件

2つの貸付条件を満たさなければ申込みできない

消費者金融カードローンは、免許証があれば確実にお金を借りられるわけではありません。借入先が定める貸付条件を満たしていなければ、免許証を所持していたとしても、申込み自体ができないのでご注意ください

貸付条件は借入先によっても異なりますが、基本的な条件は以下の2つです。

  • 1.申込者の年齢が満18歳以上である

  • 2.安定した収入がある

申込み手続きをトラブルなく進めるためにも、以下詳細を事前にご確認ください。

1.申込者の年齢が満18歳以上である

ひとつ目の貸付条件は、申込者の年齢が満18歳以上であることです。以前までは、20歳以上でなければカードローンに申し込めできませんでしたが、2022年4月1日からは成人年齢が引き下げられ、18歳以上であるという条件に変更されました。

しかし、「年齢が満20歳以上である」という条件を記載している借入先もあるため、18歳以上であれば必ずしも利用できるわけではありません。

お申込時の年齢が18歳もしくは19歳の方は、カードローン申込前に借入先の年齢条件を確認しておきましょう。

2.安定した収入がある

安定した収入があることも、カードローンを利用するための条件に含まれます。カードローンで借りたお金は、後々返済する義務が生じるため、収入が必要不可欠です。

また、基本的に一定金額を毎月返済する必要があることから、収入が高いだけでなく、毎月一定した金額もらっていなければいけません

ちなみに、雇用形態が正社員である必要はなく、アルバイト・パートでも「収入が安定している」と判断されれば、お金を借りられる可能性はあります。

その一方、専業主婦の方やFX・ギャンブルでお金を稼いでいるような方は、契約者本人に安定した収入がないと判断されてしまうため、基本的に利用できないのでご注意ください。

免許証だけでお金を借りられる消費者金融カードローン一覧

免許証だけでお金を借りられる消費者金融カードローン

免許証だけでお金を借りられる消費者金融カードローンは、主に以下の5つがあげられます。貸付条件を満たしていれば、免許証だけで契約をスムーズに進めることが可能です。

消費者金融名金利(実質年率)利用限度額審査時間1融資時間1無利息期間
アイフル年3.0%~18.0%1万〜800万円最短25分2最短25分2最大30日間
アコム年3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分最短30最大30日間
プロミス年4.5%~17.8%1万〜500万円最短30分最短30最大30日間
レイクALSA年4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒最短25分2最大180日間3
SMBCモビット年3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分最短即日なし

また、上記の中でも「アイフル」「アコム」「プロミス」「レイクALSA」の4社は、最短30分以内に即日融資を受けることも可能です。「急な出費があるから即日中にお金を借りたい」という方にもおすすめのカードローンといえるでしょう。

1 申込状況によっては希望にそえない場合があります。
2 WEBから申込みした場合に限ります。
3 借入金額が5万円以内の場合。

はじめてカードローンを利用する人にはアコム

アコム株式会社は、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」という、国内最大手の総合金融グループに属しています。

また、2022年時点では、大手消費者金融の中でも新規利用者数が多く、全国各地に自動契約機や有人店舗を展開するなど、利便性に優れているのも特徴的です。

消費者金融のカードローンをはじめて利用する方は、アコムを検討してみてください。

アコム

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!利用者数ナンバーワン
  • 申込から借入まで最短30分の即日融資も可能!
  • 新規契約から30日間は金利0円

公式サイトはこちら

※アコムはお借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要になります。

家族や職場にバレたくない人はアイフル

「家族に内緒でお金を借りたい」「勤務先にカードローンの利用を知られたくない」というように、お金の借入がバレたくないならアイフルがおすすめです。

アイフルは、原則として勤務先への電話連絡を行っていないため、ほかの消費者金融に比べてバレるリスクを抑えられます。

また、WEB完結でカードローンを申込めば、自宅への郵送物をなしにすることも可能です。

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

金利が気になる方は上限値が若干低いプロミス

少しでも金利を抑えたい方は、プロミスを検討しましょう。なぜなら、プロミスの上限金利は、大手消費者金融の中でも若干低めの「年17.8%」に設定されているためです。

大手消費者金融の一般的な上限金利は原則年18.0%となっているので、ほかの借入先に比べて若干ですが低めの金利で借りられます。

はじめて契約するカードローンの場合、ほとんどのケースで上限値が選択されるため、金利を抑えたい方はプロミスが適していると言えるでしょう。

プロミス

金利
年4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分(WEB)
プロミス
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

公式サイトはこちら

免許証だけでお金を借りるまでの一般的な流れ

免許証だけでお金を借りるまでの具体的な流れ

免許証だけでお金を借りる場合は、以下の手順で契約を進めていきます。

  1. カードローンに申し込む

  2. 運転免許証を提出する

  3. 審査を受ける

    ここで在籍確認が行われます

  4. 契約手続きを行う

  5. 借入開始

細かい流れは借入先によって異なるため、スムーズに契約を進めたい方は、各借入先の手順を確認しましょう。

1.申込みをする

まずは好みの消費者金融カードローンを見つけて、申込みを行います。申込時には氏名や勤務先、年収などを入力していきます。

申込方法は電話や郵送、店舗窓口などさまざまですが、スムーズに進めたい方は「WEB申込」を選択しましょう。

2.免許証を提出する

カードローンへの申込みが完了したら、免許証を提出します。WEB申込みの場合、インターネットを使ってアップロードするだけなので、提出がスムーズに完了します。

免許証の提出方法は借入先によって異なる場合があります。

3.在籍確認・審査を受ける

免許証の提出が終わったあとは、所定の審査を受けましょう。

カードローンの審査では、提出された書類をもとに本人確認を行ったあと、申込者の信用情報などもチェックされ、融資の可否を判断されます。

信用情報とは

クレジットカードやローン契約など、様々な金銭取引に関する情報です。

ちなみに、応じて金利や限度額、毎月の最低返済額なども審査結果に応じて決定されています。

在籍確認という手続きも行われている

在籍確認は本審査の過程で行われるもので、基本的に勤務先への電話連絡が実施されます。

「申告した勤務先に本当に勤めているのかどうか」を確認する重要な行為であるため、カードローンを利用する際は原則避けられません。

4.契約手続きを行う

本審査に通ったら、カードローンの契約手続きを行います。契約内容を確認し、金利や貸付条件に同意すればすぐに契約が完了します。

なお、契約手続きの際にローンカードの発行や、契約書類発送の有無を選択する場合があるので、家族に内緒でこっそり借りたい場合などはご注意ください。

家族にカードローンの利用を知られたくない方は、これら選択肢を慎重に選びましょう。

5.借り入れを開始する

契約手続きが完了すれば、すぐに借り入れを開始できます。消費者金融の借入方法としては、一般的に以下の2つがあげられます。

  • 指定口座への振込

  • ATMを使った出金

借入先によって一部方法が異なるため、契約前に確認しておくことをおすすめします。

免許証だけでお金を借りる際によくある質問

借り入れに関する疑問や不安が解消されていない場合、以下のよくある質問をご確認ください。

運転免許証だけでお金を借りたい方の細かな疑問や悩みを、Q&A形式で可能な限り解説していきます。

Q.土日・祝日でも借り入れできる?

A.大手消費者金融なら土日・祝日でも借り入れできます

一般的の金融機関は平日営業であるため、土日・祝日の借り入れは難しい傾向にあります。しかし、大手消費者金融であれば、土日・祝日の融資に対応していることから、平日以外でも最短即日融資を受けられます。

ただし、土日・祝日は平日よりも申込みが混雑する可能性があるため、即日融資を受けたい方は、時間に余裕を持って申込みましょう。

Q.銀行カードローンも最短即日融資に対応してる?

A.銀行カードローンは最短翌日以降の融資となります

銀行カードローンの場合、審査時に警察庁のデータベースへの照会が義務付けられているため、最短でも翌日以降の融資となります。

これは、反社会勢力との繋がりを防止する目的があり、申込み1つひとつに対してデータベース照会をすることから、審査完了までにどうしても時間がかかってしまうのです。

以上のことから、「即日中にお金を借りたい」という方は、銀行カードローンではなく消費者金融カードローンを利用しましょう。

Q.免許証は失効していても大丈夫?

A.失効している場合は本人確認書類として利用できません

免許証を失効している場合は利用できないため、ほかの必要書類を用意しましょう。また、ほかの必要書類を提出する場合も同様で、最新かつ有効なものを提出しなければなりません。

Q.免許証の顔写真部分は隠れていても大丈夫?

A.顔写真は鮮明に写す必要があります

免許証の顔写真は、本人確認の一環として必ずチェックされます。その顔写真が鮮明に写っていない場合は、本人確認が完了しないことから、免許証の再提出が求められる可能性があります。

審査完了までの時間を短縮するためにも、顔写真がはっきりと写っている免許証を提出しましょう。なお、免許証に記載されている住所も同様です。記載されている住所が鮮明でない場合、再提出を求められることがあります。

Q.他人の免許証を使っても大丈夫?

A.なりすまし行為は犯罪なので絶対にやめましょう

「自分の名義だと借りられないから」という理由で、なりすまし行為をする方もいますが、発覚したい場合は詐欺罪などの疑いが出てきます。また、金融機関は慎重に審査を行っているため、他人の免許証だとすぐに特定されてしまいます。

なりすまし行為は犯罪になるため、どんな状況であったとしても、他人の免許証を使った申込みは絶対にやめましょう。

まとめ

運転免許証だけでお金を借りる場合の貸付条件、目的に合わせた借入先を解説しました。

消費者金融カードローンであれば、基本的に免許証のみでお金を借りられます。ただし、借入先が定めている貸付条件をクリアし、なおかつ収入証明書の提出が求められないケースに限られるのでご留意ください。

また、大前提として「申込者の年齢が満18歳以上である」「安定した収入がある」という申込条件があるため、これらを満たせるかどうかを確認した上で、各種カードローンを検討しましょう。

なお、免許証のみで利用できる借入先として、大手消費者金融を5つ紹介しました。それぞれ金利や利便性など、特徴が一部異なるため、ご自身に適した借入先を見つけてみてください。

消費者金融名金利(実質年率)利用限度額審査時間1融資時間1無利息期間
アイフル年3.0%~18.0%1万〜800万円最短25分2最短25分2最大30日間
アコム年3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分最短30最大30日間
プロミス年4.5%~17.8%1万〜500万円最短30分最短30最大30日間
レイクALSA年4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒最短25分2最大180日間3
SMBCモビット年3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分最短即日なし

1 申込状況によっては希望にそえない場合があります。
2 WEBから申込みした場合に限ります。
3 借入金額が5万円以内の場合。

TOPへ戻る