クレジットカードの利用料金が払えない場合の対処法13選!

/

記事の監修者

沖元 晃司 2級ファイナンシャル・プランニング技能士、行政書士

行政書士おきもと事務所代表。相続関係・給付金申請代行などの業務を行っており、お金との付き合い方に関する相談・サポートを行っている。気軽に相談できる街の法律家として、活躍中。

>>行政書士おきもと事務所

クレジットカードのショッピング機能を利用すれば、現金が手元になくても買い物が可能です。しかし、「クレジットカードの利用料金が払えなくて困っている」という状況に置かれている方もいるでしょう。

そこで今回は、この状況を解決に導くための対処法を全部で13通り解説します。併せて支払いを放置するリスク、絶対にやってはいけないNG行動も紹介するため、ぜひ最後までご覧ください。

クレジットカードの利用料金が払えないときの対処法13選

クレジットカードの利用料金が払えない場合、以下の対処法が考えられます。

  • 1.引き落とし日を調整してもらう

  • 2.分割払い・リボ払いに変更する

  • 3.ボーナス一括払いにしてもらう

  • 4.カードローンを利用する

  • 5.フリマアプリで物品を売却する

  • 6.家族や友人からお金を借りる

  • 7.質屋でお金を借りる

  • 8.給料を前払いする

  • 9.日雇いバイトをする

  • 10.生命保険の契約者貸付を利用する

  • 11.勤務先の従業員貸付制度を利用する

  • 12.公的融資制度を利用する

  • 13.払えない場合は債務整理をする

利用料金の支払いを放置すると、カードの利用停止、信用情報がブラック化するなど、さまざまなリスクがあります。以下の詳細を確認した上で、ご自身に適した対処法をご選択ください。

1.引き落とし日を調整してもらう

利用料金が支払えない場合、まずは引き落とし日の調整をしてもらいましょう。支払いまでに猶予が生まれるため、支払いを完了させやすくなります。

引き落とし日は、クレジットカード会社に連絡すれば調整してもらえます。支払えないことが発覚した時点で、すぐに契約しているカード会社に連絡しましょう。

また、支払期日の延長以外にも、担当者に相談すれば解決策を提示してくれることもあります。

カード会社に連絡すれば引き落とし日を必ず変更できるわけではありません。

2.分割払い・リボ払いに変更する

2つ目の対処法は、分割払い・リボ払いの変更です。一度の支払い負担を軽減できれば、支払いの延滞を回避できるでしょう。

リボ払いとは

利用料金を一度ですべて支払わず、毎月決まった日にちに一定金額を支払う方法のこと。

この対処法もクレジットカード会社に連絡し、分割払い・リボ払いに変更したい旨を伝えましょう。支払い完了までの期間が長くなってしまいますが、延滞するリスクを抑えられます。

3.ボーナス一括払いにしてもらう

ボーナス一括払いにしてもらうのもひとつの手です。この方法に変更すれば、夏または冬のボーナスが入ったタイミングでまとめて支払うことができます。

普段の生活費で支払うのが難しい方でも、ボーナスでまとまった金額を用意できれば、余裕を持って支払うことができるでしょう。

なお、この対処法は分割払い・リボ払いのように、支払い完了までの期間をそこまで延長しないため、支払う利息の合計金額を抑えられます。

クレジットカードの利用状況によっては変更できない場合もあります。

4.カードローンを利用する

カードローンを利用してお金を借りるという対処法もあります。カードローンは限度額の範囲内なら必要な分だけ借りられるので、「利用料金の不足分だけを借りる」といった使い方も可能です。

カードローンを利用する場合は、銀行や消費者金融の各社ホームページから申し込む方法をおすすめします。インターネット上で契約を進めれば、契約手続きがスムーズに完了し、借り入れまでの時間を短縮することが可能です。

なお、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、それぞれ特徴が異なります。金利を抑えたい場合は銀行カードローンを、お金を素早く借りたい場合は消費者金融カードローンを選択しましょう。

アイフルなら最短25分で借入が可能で、大手消費者金融の中でも最も早く融資ができるので、お急ぎの方はぜひご検討ください。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

5.フリマアプリで物品を売却する

5つ目の対処法は、フリマアプリでの物品売却です。普段使わない物品を売却すれば、物品の価値によって異なりますが、ある程度まとまった現金が手に入ります。そのお金を利用料金の支払いに充てることが可能です。

メルカリや楽天ラクマなどのフリマアプリ以外にも、各種ネットオークションでも物品の売却ができます。確実性の高い方法なので、不用品がある方はご検討ください。

6.家族や友人からお金を借りる

家族や友人からお金を借りるのも選択肢のひとつです。前提条件としてお金を貸してくれる人が必要ですが、金融機関のような厳しい審査を受ける必要がありません。

また、明確な返済期日が決められておらず、利息の発生などもないため、好条件でお金を借りることができます。

借りたお金を約束した日にちまでに返済しない場合、トラブルに発展する可能性があります。

7.質屋でお金を借りる

質屋でお金を借りるという対処法もあります。換金性の高い物品を担保にすることで、質屋から一時的にお金を借りられます。

借入金額は担保にする物品の価値によって異なり、担保にできる物品はパソコンやスマートフォン、高級腕時計、ブランド物のバッグ、家具などが挙げられます。

質屋は本人確認証のみで利用できるため、金融機関のような厳しい審査や在籍確認は実施されません。

返済期日までにお金を返済しなかった場合、担保として預けた物品は回収されてしまいます。質屋を利用する際は、担保にした物品が返ってこないリスクを考慮しましょう。

8.給料を前借りする

クレジットカードの利用料金が払えない場合は、給料の前借りを検討しましょう。勤めている会社に相談することで、給料日に振り込まれる給料の一部を前借りとして振り込んでもらえます。

会社によっては、給料の前借りを福利厚生の一環として設けている場合もあります。ただし、次の給料日に振り込まれる金額が減ってしまうため、前借りの過度な利用は控えましょう。

9.日雇いバイトをする

日雇いバイトをしてお金を稼ぐ方法もあります。日雇いバイトの多くは、その日のうちに給料をもらえるため、利用料金の支払いに充てることができます。

また、日雇いバイトの種類によっては、働きながら自身のスキルを磨くことも可能です。具体的な日雇いバイトとしては、イベントスタッフ、チラシや試供品の配布、アプリの動作チェックなどが挙げられます。

日雇いバイトは働いた分だけ確実にお金がもらえます。確実性の高い対処法を探している方は、日雇いバイトを検討してみてください。

10.生命保険の契約者貸付を利用する

生命保険の契約者貸付を利用する

生命保険に加入している方は、契約者貸付の利用をご検討ください。契約者貸付を利用すれば、生命保険に加入したまま一時的にお金を借り入れできます。

生命保険の契約者貸付とは

加入している生命保険の「解約返戻金」を担保にしてお金を借りる制度のことです。解約返戻金は、生命保険を解約した際に返ってくるお金を指します。

借り入れできる金額は、解約返戻金の約7〜8割が一般的です。解約返戻金を担保にするため、審査なしでお金を借りることができます。

生命保険に加入していたとしても、解約返戻金を設けていない掛け捨てタイプの場合は、本制度を利用することができません。

11.勤務先の従業員貸付制度を利用する

従業員貸付制度のメリット・デメリット

勤めている会社の従業員貸付制度を利用して、まとまったお金を借りることもできます。従業員貸付制度とは、在職している社員が福利厚生の一環として会社からお金を借りる制度のことです。

金融機関のような厳しい審査ではなく、簡単な社内審査のみで融資の可否を決定します。また、借入金額に対する金利も低く、一般的には年1.6〜4.0%が相場です。

さらに、会社側が利用者の金銭状況を踏まえた上で、返済期日や返済金額を十分に配慮してくれます。さまざまなメリットがある従業員貸付制度ですが、会社の従業員に借金がバレてしまう、という大きなデメリットがある点には注意が必要です。

12.公的融資制度を利用する

公的融資制度を利用する

クレジットカードの支払い以外にも、生活費の困窮で悩んでいる方は公的融資制度を利用しましょう。然るべき理由があれば、国から低金利で融資を受けることが可能です。

公的融資制度は状況に応じてさまざまな種類から選択します。具体的には、総合支援資金、緊急小口資金、求職者支援資金融資などが挙げられます。

制度の種類によって借入条件や借入金額、申込方法が異なるため、ご自身の状況を踏まえた上で、公的融資制度の利用をご検討ください。

13.払えない場合は債務整理をする

どうしても利用料金が払えない場合は、債務整理を検討しましょう。債務整理を行うことで、現時点での利用料金を軽減・免除してもらえます。

債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産など複数の種類があり、それぞれに利用条件が設けられています。また、利用するとしばらくローン契約ができないなどのデメリットもあるため、利用する際は弁護士や専門家に相談しましょう。

クレジットカードの料金を払わなかった場合の7つのリスク

クレジットカードの利用料金を払わなかった場合、以下のリスクが生じてしまいます。

  • 1.クレジットカードの利用が停止される

  • 2.クレジットカードが強制的に解約される

  • 3.遅延損害金が発生する

  • 4.信用情報に事故情報が登録される

  • 5.会社や家族にバレる

  • 6.料金を一括請求される

  • 7.財産を差し押さえされる

お金がなくて払えなかったとしても、さまざまなリスクが生じてしまうため、そのまま放置せずに何かしらの対応策を検討しましょう。

1.クレジットカードの利用が停止される

1つ目のリスクは、クレジットカードの利用が停止されることです。利用料金を支払っていないので、これ以上使わせないようにする処置はクレジットカード会社としては当然です。

一般的には、引き落とし日に確認が取れなかった場合、その日から2〜3日程度でクレジットカードの利用が停止されます。ただし利用が停止されても、利用料金を支払えばすぐにカードの利用が再開されます。

2.クレジットカードが強制的に解約される

クレジットカードの利用停止が行われ、そこから約2〜3ヶ月経つと強制的に解約されます。解約されるタイミングは、会社によって異なる場合もあるため注意が必要です。

クレジットカードが強制解約されると、そのカードは二度と使用することができません。強制解約される前に、必ずクレジットカード会社に連絡しましょう。

3.遅延損害金が発生する

クレジットカードの利用料金を支払わないと、遅延損害金が発生します。遅延損害金とは、支払うべきお金を期日までに返済しない場合に生じるペナルティ的なものです。

この遅延損害金は、支払日の翌日から支払い完了までの期間分が、日割り計算で発生します。金利は年20%が目安であり、本来の利用料金に遅延損害金が上乗せされるため、さらに高額な料金が請求されてしまいます。

4.信用情報に事故情報が登録される

クレジットカードの強制解約が行われると、信用情報に事故情報が登録されてしまいます。これは俗に言う「信用情報のブラック化」という状態であり、この状態になるとしばらくの間はローン契約が難しくなります。

信用情報の事故情報は、最終支払いから最大5〜10年間残り続けます。自分から解除することはできず、仮に解除されたとしても本人に直接知らされることはありません。

5.会社や家族にバレる

5つ目のリスクは、会社や家族にバレることです。クレジットカードの利用料金を払わなかった場合、勤務先や自宅に催促の連絡がいくことがあります。

催促状が届くこともあるため、その場合は高確率で周囲の人にバレてしまいます。信用を失いたくない方は、クレジットカードの利用料金は確実に支払いましょう。

6.料金を一括請求される

利用料金の支払いを放置すると、料金を一括請求されるリスクがあります。これまで分割払いで支払っていた場合でも、一度請求されると一括で支払うほかなくなります。

これは、ほとんどのクレジットカードの利用規約に記載されているため、一括請求を回避するのは困難です。

7.財産を差し押さえされる

一括請求に応じない場合、財産を差し押さえされるリスクが発生します。クレジットカード会社が裁判所に申し立てを行い、その申請が受理されると差し押さえが実行されます。

銀行口座の現金や不動産、自動車など、金銭に関わるものは強制的に没収されてしまうため、財産の差し押さえ処分をされる前に、必ず利用料金の支払いを済ませましょう。

クレジットカードの料金が払えないときのNG行動5選

クレジットカードの料金が払えないときのNG行動5選

「利用料金を支払えないから…」という理由で、危険な行動を取る人もいます。しかし、以下5つのNG行動を取ってしまうと、利用料金を支払わない以上に危険なリスクが生じてしまいます。

  • 1.クレジットカード会社からの連絡を無視する

  • 2.クレジットカードの現金化

  • 3.闇金融の利用

  • 4.個人間融資の利用

  • 5.ギャンブルで一攫千金を狙う

NG行動の危険性を理解するためにも、それぞれの内容をご確認ください。

1.クレジットカード会社からの連絡を無視する

利用料金を支払えないからといって、クレジットカード会社からの連絡を無視するのはやめましょう。支払う意志がないと判断されてしまうため、一括請求や財産差し押さえの処分が早く進みます。

最悪な状況を避けるためにも、支払いができないとわかった時点で、まずはクレジットカード会社に連絡しましょう。支払期日の延長や解決に向けた相談等が行えます。

2.クレジットカードの現金化

2つ目のNG行動は、クレジットカードの現金化です。クレジットカードの現金化は、利用規約で禁止されている場合がほとんどなので、発覚した時点でカードの利用が停止されてしまいます。

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードのショッピング枠を用いて換金性の高い物品を購入し、その物品を売却して現金を得る行為のこと。

クレジットカードの不正が発覚した場合、利用料金を一括で求められることもあるため、クレジットカードの現金化は絶対にやめましょう。

3.闇金融の利用

支払える現金がなかったとしても、闇金融は絶対に利用してはいけません。闇金融とは、貸金業における法律を無視して営業を行う違法業者のことです。

闇金融は「審査なし」「誰でも借りられる」など、甘い言葉で誘ってきます。しかし、一度でも手を出してしまうと、勤務先への迷惑行為や過激な取り立てなど、人生を破綻させるほどのリスクが生じます。

なお、この闇金融は「貸金業者登録番号」の有無によって判断可能です。正規の貸金業者は必ずこの番号を取得しているため、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」から検索し、業者名と番号が一致していなければ確実に闇金融です。

4.個人間融資の利用

闇金融と同じく、個人間融資の利用も絶対に控えましょう。個人間融資とは、SNSやインターネット掲示板で知り合った個人と、直接的に金銭の取引をすることです。

個人間融資を利用すると、法外な利息を請求される、個人情報を悪用される、詐欺の被害に遭う、犯罪に巻き込まれるなど、さまざまなリスクが生じます。

そもそも個人間融資のほとんどが違法行為なので、「個人的に融資を行っています」などと金銭取引を持ち出されても、絶対に応じてはいけません。

5.ギャンブルで一攫千金を狙う

5つ目のNG行動は、ギャンブルで一攫千金を狙う行為です。一攫千金に成功すれば利用料金を支払えるかもしれませんが、失敗したときは最悪な状況に陥ってしまいます。

また、金銭的に厳しい状況では正常な判断が難しくなるため、ギャンブルでの成功率は高くないと言えるでしょう。

スロットやパチンコ、競馬などは一攫千金のギャンブルではなく、あくまで娯楽のひとつとして楽しみましょう。

すぐにお金を借りられる消費者金融5社

大手消費者金融のメリット

「どうしてもまとまったお金が必要」という方は、消費者金融の利用を検討してみてください。消費者金融であれば、まとまったお金を安全に借りることができます。

また、大手消費者金融は借り入れまでの時間がスピーディなので、その日のうちに借り入れできる場合がほとんどです。クレジットカードの利用料金の支払いが難しい方は、以下の借入先をご検討ください。

大手消費者金融実質年率利用限度額審査時間※1融資時間※1無利息期間
アコム3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短1時間最大30日間
アイフル3.0%~18.0%1万円〜800万円最短25分※2最短25分※2最大30日間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短30分最短1時間最大30日間
レイクALSA4.5%~18.0%1万円〜500万円最短30分最短1時間最大180日間
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短1時間なし

1 お申込の状況によってはご希望にそえない場合があります。
2 WEBからお申込いただいた場合に限ります。

特に選ばれている消費者金融は以下の3つです。それぞれの特徴を詳しく解説します。

信頼性・利便性で選ぶならアコム

信頼性・利便性で選ぶなら、アコムが第一選択肢となるでしょう。アコムは「三菱UFJフィナンシャル・グループ」という、国内最大手の総合金融グループに属しています。

また、2022年の利用者数は大手消費者金融のなかで最も多く、全国各地に有人店舗や自動契約機が設置されています。それらのことから信頼性と利便性で選ぶ方には、アコムが向いていると言えるでしょう。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!利用者数ナンバーワン
  • 申込から借入まで最短30分の即日融資も可能!
  • 新規契約から30日間は金利0円

公式サイトはこちら

金利を抑えたいならプロミス

金利を抑えたい方はプロミスをご検討ください。プロミスの上限金利は年17.8%に設定されており、ほかの消費者金融に比べて年0.2%低いです。

消費者金融から定額融資を受ける場合、ほとんどのケースで上限金利が選択されます。金利が低ければ、その分支払う利息の合計金額も少なくなるため、金利や利息を気にする方はプロミスの利用が向いています。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短30分
プロミス
  • WEBなら最短30分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

公式サイトはこちら

周囲の人にバレたくないならアイフル

周囲の人にバレたくないならアイフルを推奨します。なぜなら、アイフルは基本的に勤務先への在籍確認を実施していないからです。

ほかの消費者金融を利用する場合、在籍確認は勤務先への電話連絡が基本です。バレないための配慮がされているとはいえ、勤務先にバレるリスクはゼロではありません。

一方、アイフルは勤務先への電話連絡を原則行っておらず、加えて自宅への郵送物もなしにできます。確実に回避できるというわけではありませんが、周囲の人にバレるリスクを軽減できることから、内緒で借りたい方はアイフルが適切だと言えるでしょう。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

まとめ

本記事では、クレジットカードの利用料金が払えないときの対処法、放置するリスクについて解説しました。

13通りの対処法を解説しましたが、方法によって特徴が大きく異なります。必ず推奨される方法はないため、ご自身の置かれている状況を踏まえて検討してみてください。

なお、すぐにお金を用意しなければならない場合は、消費者金融カードローンをおすすめします。「信頼性・利便性で選ぶならアコム」「金利を抑えたいならプロミス」「周囲の人にバレたくないならアイフル」というように、目的や状況に応じてご選択ください。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!利用者数ナンバーワン
  • 申込から借入まで最短30分の即日融資も可能!
  • 新規契約から30日間は金利0円

公式サイトはこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短30分
プロミス
  • WEBなら最短30分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

公式サイトはこちら

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

監修者コメント

沖元 晃司 2級ファイナンシャル・プランニング技能士、行政書士

焦らず冷静に対処法を模索することが大切

料金を滞納してしまうと、数多くのペナルティがあります。しかし、例え焦っていたとしても、闇金などの利用は絶対に避けましょう。単にお金の問題だけでは済まない事態にもなりかねません。利用料金が払えないと分かった場合には、クレジットカード会社に相談し、自分に合った適切な対処法を選択しましょう。

TOPへ戻る