M&A

後継者不足や業績不振などで毎年10万社の会社が精算されているといわれています。
ここでは、会社自体の「存続」に関する各種サービスをご提供・ご紹介致します。
周囲に相談しにくいテーマだからこそ、是非Jマッチをご活用ください。

1.M&Aコンサルティング

売上の少ない中小企業向けに特化したM&A仲介会社「ストライク社(東証一部上場)」に相談できるメニューです。

2.時価総額AI診断

自社や事業の「売却金額」をAIにより匿名で自動診断するサービスです。M&Aコンサルタントの知見を元に算出します。

3.事業承継補助金

代表者が代替わりする際に数百万円単位で受給できる補助制度の活用を支援するメニューです。

1. M&Aコンサルティング

毎年10万社が会社精算

毎年10万社が会社精算

会社精算の理由は「後継者不在」が最も多いという調査データがあります。事業承継が円滑にできることが最も望ましいですが、最悪のケースとして「M&A(事業売却)」は想定しておきたいものです。
Jマッチ事務局では皆さまの要望にお答えする形で、ストライク社と提携し、定期的に「説明会」の開催と「コンサルティングの提供」を実施することになりました。

悪くなる前にご相談ください!

悪くなる前にご相談ください!

事業売却はその成立までに、ある程度の時間が必要です。また売却金額は足元の業績に比例して高くなります。将来、事業売却を選択肢に入れたいと考える企業さまは、まずは「早目に」ご相談ください。業績が悪くなり、急いで売却をしたい場合、その金額は大きく下がってしまいます。
まずは早目に説明会などにご参加ください。

会員登録(無料)がまだの方はこちらからご登録ください

2. 時価総額AI診断

複数のM&Aコンサルによる経験則を

複数のM&Aコンサルによる経験則を

日々M&A業務に携わる複数名のコンサルタントから様々な案件の条件とその結果をデータ化し、AIロジック化しました。算出される想定時価総額(≒売却金額)は、必ずしも「実際に売れる金額」とは限りませんが、一定の目安になるかと思います。

相談しにくい事項だからこそ、まずはAIに

相談しにくい事項だからこそ、まずはAIに

事業売却は、その案件が成立するまで誰にも相談できない事項になります。相談しにくい事項だからこそ、まずはAIに相談してみてはいかがでしょうか。まだまだ振れ幅の大きなAIだからこそ、気軽にご利用いただけると嬉しいです。
※ただいま、βテスト中。正式OPEN後にいち早く連絡が欲しい方はこちらからご連絡先をご入力ください。

会員登録(無料)がまだの方はこちらからご登録ください

3. 事業承継補助金

社長が交代する時にはもれなく検討したい

社長が交代する時にはもれなく検討したい

本年より、事業承継補助金が単独で募集を開始しました。社長の代替わり時に数百万円程度の補助を受け取ることができます。

親族以外にも適用可能

事業承継というと「親族」を前提に考えられる方が多いのですが、本補助金活用では親族以外でも受給可能です。詳細は説明会なども開催していますので、是非そちらへもご参加ください。

会員登録(無料)がまだの方はこちらからご登録ください

たくさん申請される方は有料会員(3000円/月~)がお薦めです(無料会員の方も申請はもちろん可能です!)