申請可能な補助金・助成金検索

おすすめ65歳超雇用推進助成金

高齢者尾の雇用促進を目的として、「65歳以上への定年の引き上げ」、「定年の定めの廃止」、「希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入」の いずれかを導入した事業主に対して行う助成制度です。 65歳以上への定年引上げに100万円、66歳以上への定年引上げ、または定年の定めの廃止には120万円助成! ※一事業所あたり(企業単位)1回限りです。

詳細を見る

65歳超雇用推進助成金

おすすめ出生時両立支援助成金

厚生労働省が運営する助成事業で、男性の育児休暇取得を促進することで労働環境を改善し、雇用の安定を図ることを目的としています。 男性労働者に育児休暇を取得させると最大60万円の助成を受けられます! 男性労働者に子供の出生後8週間以内に、中小企業は5日以上、中小企業以外は14日以上連続した育児休業を取得させると、中小企業主は最大60万円、中小企業事業主以外は30万円の助成金を受け取れます。1事業主あたり、1年度に1人のみ対象です。

詳細を見る

出生時両立支援助成金

おすすめ職場定着支援助成金(中小企業団体助成コース)

平成28年4月1日より、支給対象が重点分野関連事業主(健康・環境・農林漁業等)以外の団体へ拡大し、より多くの皆様が申請可能となりました! 就業規則に新しい制度を4つ導入・実施することで最大100万円を受給することが出来ます。会社の福利厚生向上、及び社員教育に使える非常に人気のある助成金です。

詳細を見る

職場定着支援助成金(中小企業団体助成コース)

おすすめ介護支援取組助成金

新しく登場した正社員離職防止のための助成金です。 事業者が予め介護支援の制度を社内に整備することで1社60万円が受給できます。申請しやすい助成金として人気です。 ※注:2016年6月23日に新たに実施内容が増えました

詳細を見る

介護支援取組助成金

おすすめキャリア形成促進助成金(制度助成コース)

主に「正社員」のキャリア形成に向けた支援施策に対し付与される助成金です。 「教育訓練・職業能力評価」「セルフキャリアドック制度」「技能検定合格報奨金制度」「教育訓練休暇等制度」「社内検定制度」などを整備することで、最大250万円受給できます。 ホームページ作成研修やSEO研修、営業研修などを実質無料で受講するなどの活用が可能です。

詳細を見る

キャリア形成促進助成金(制度助成コース)

おすすめキャリア形成促進助成金(一般型訓練コース)

「正社員」のキャリア形成に向けた支援施策に対し付与される助成金です。 一般的な研修実施に対して助成が受けられます。受給金額が少ない分、幅広い研修が対象になるため、初めて助成金を申請する事業主さまには適しているとも言えます。

詳細を見る

キャリア形成促進助成金(一般型訓練コース)

おすすめキャリア形成促進助成金(重点訓練コース)

「正社員」のキャリア形成に向けた支援施策に対し付与される助成金です。 5つのコースに細分化され、それぞれに合った専門性のある研修に対しそのかかった費用の一部に助成が受けられます。俗にいう「研修助成金」はこのコースを指すことが多いです。 特に「35歳未満の従業員」が対象になる「若年人材育成訓練」コースを利用する事業者が多いです。

詳細を見る

キャリア形成促進助成金(重点訓練コース)

おすすめキャリア形成促進助成金(雇用型訓練コース)

「正社員」のキャリア形成に向けた支援施策に対し付与される助成金です。 主に、建設業、製造業、情報通信業の事業者を対象とし、OJT付き訓練にたいし、そのかかった費用および訓練時に換算した時給の助成が可能です。 該当する企業にとっては非常に使い勝手のある助成金です。

詳細を見る

キャリア形成促進助成金(雇用型訓練コース)

おすすめキャリアアップ助成金(正社員化コース)

毎年続く、定番の「人材採用系」助成金です。 非正規雇用社員を正社員に転換することで一人60万円、年間で15人まで受給することができます。東京都内に所在する企業であれば東京都正規雇用転換促進助成金とセットで申請することで、合計110万円/人の受給が可能です。

詳細を見る

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

おすすめ女性活躍加速化助成金

女性の活躍推進に取り組む事業主の方を支援する助成金です。 「女性社員の積極採用」「女性社員の人材教育」「女性社員の積極登用」などを実施することで、最大60万円を受給することが可能です。 女性社員を採用するためのホームページ作成費用などにも適用されます。

詳細を見る

女性活躍加速化助成金

中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース)

育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業を3か月以上利用した労働者を原職等に復帰させ、復帰後6か月以上雇用した中小企業事業主に対して、育児休業取得者1人あたり50万円が助成されます。 (※育児休暇取得者本人の希望により、簡易業務に復帰した場合は、原職復帰とみなされます。正社員からバイト等で新たに雇用契約を締結したり、月給制を時給制に変更するなど給与形態が変更されている場合は本人の希望であっても原職等に復帰したとはみなされません。) 代替要員は新たな雇入れ、もしくは新たな派遣により確保し、対象者に職制上の地位に係る手当てが支給されている場合は、代替要員にも手当てが支給されている必要があるなどの条件もありますので、ご注意下さい。 1事業主あたり、1つの年度中、合計10人までが支給対象となります!

詳細を見る

中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース)

受動喫煙防止対策助成金

平成27年6月1日から、職場の受動喫煙防止対策が事業者の努力義務となりました。受動喫煙防止対策を行う際には、費用の一部を支援する「受動喫煙防止対策助成金」を、是非ご活用ください。喫煙室の設置などにかかる工費、設備費、備品費、機械装置費などの経費に対して、上限200万円の助成金が受け取れます。 業種に関係なく、全ての中小企業さまが申請可能です。 受付は原則申請順となり、申請額が予算限度額に達すると終了しますので、お早めに申請することをお勧めします。

詳細を見る

受動喫煙防止対策助成金

たくさん申請される方は有料会員(500円/月~)がお薦めです(無料会員の方も申請はもちろん可能です!)