申請可能な補助金・助成金検索

革新型研究開発助成金(島根県)

国内市場の縮小やグローバルな競争に負けないような新製品や新技術の研究や開発している企業を支援する制度です。対象経費と研究費に対して上限800万円の補助が受けられます。 研究開発にかかった人件費や販路開拓にかかる費用も助成対象経費として認められています。 ※第1回公募は平成28年8月17日(水)までです。予算が終了した場合、今年度分は終了になります。これまで複数年継続している補助金ですが、予算によって1年に1回だったり、複数回公募を行うこともあります。

詳細を見る

革新型研究開発助成金(島根県)

研究開発型ベンチャー支援事業 ※現在は次の募集待ちとなります

研究開発や事業化に必要な資金、活動を、ベンチャーキャピタルおよびシードアクセラレータ等とNEDOが協調して支援することにより、将来のメガベンチャーとなるSTSを創出・育成するとともに、グローバルなネットワークを持つVC等の日本での活動を活性化し、エコシステムを強化することを目的とした制度です。 NEDO は「研究開発型ベンチャー支援事業に関するベンチャーキャピタル等の認定」に係る公募において NEDO が認定した VC 等(以下「認定 VC」という)が、助成金申請額の 15/85 以上を出資するシード期の研究開発型ベンチャー(STS)に助成金を交付します。

詳細を見る

研究開発型ベンチャー支援事業 ※現在は次の募集待ちとなります

おおさか地域創造ファンド 大阪中央地域支援事業 ※現在は次の募集待ちになります。

おおさか地域創造ファンドを活用し、技術や人材、歴史、伝統など地域の資源を活かした新しい事業を創出し、地域の活性化を図ることを目的とした補助金です。 助成対象経費に対して、上限500万円補助されます。 ※平成28年度の応募受付期間は7月20日 ※平成19年度から毎年発表されている補助金です

詳細を見る

おおさか地域創造ファンド 大阪中央地域支援事業 ※現在は次の募集待ちになります。

受注型中小企業競争力強化支援事業助成金 ※現在は次の募集待ちとなります。

技術やサービスの高度化、付加価値の高い技術開発に必要な経費の一部が助成されます。 2年以上東京都内で事業を営んでいる中小企業者等が対象です。個人事業主様も申請可能です。 現在取り組み中の技術開発に対しても、助成期間内であれば助成対象となりますので、「もうすでに研究開発を始めている・・」という方でも申請可能です! ※現在第2回募集中です。事前エントリー期間は平成28年7月22日までです。 ※平成23年度から毎年募集されている定番補助金です

詳細を見る

受注型中小企業競争力強化支援事業助成金 ※現在は次の募集待ちとなります。

中小企業活路開拓調査・実現化事業 ※現在は次の募集待ちとなります。

ブランド化戦略や、既存事業の落ち込み、技術や技能の承継にお悩みの方など、自社だけでは解決することが難しい問題を中小企業組合などで3社以上が出資して設立した会社組織が対象の補助金です。事業計画書の提出、資金調達の方法等の書類を提示して採択されると、最大で2,000万円の補助金が受け取れます。 現在第4次を募集中で、平成28年7月19日(火)17時までが募集期間です。平成28年度の第1次、第2次締め切りまでの集計結果で約85%以上の採択率ですので、条件が合っている企業様は受け取れる確立が高いと考えられます!

詳細を見る

中小企業活路開拓調査・実現化事業 ※現在は次の募集待ちとなります。

特許調査費用助成事業

1年以上東京都内で事業を営んでいて優れた技術や製品を持っている中小企業が、民間調査会社に特許調査(特許が取得可能か)等を依頼した場合にかかる経費の一部が助成されます。 ※予算がなくなり次第、受付終了

詳細を見る

特許調査費用助成事業

次世代イノベーション創出プロジェクト2020

東京都内に事業所を持ち、「イノベーションマップ」に示された分野における自社の技術や製品を海外への販路開拓したい中小企業者や、「他の企業や大学、研究機関等」との連携により、新製品開発に取り組む中小企業者等に対して、その開発等に関する経費の一部が助成されます。 ※「イノベーションマップ(詳細版)」と助成事業の募集内容は、東京都産業労働局から8月中旬頃に発表予定です。

詳細を見る

次世代イノベーション創出プロジェクト2020

たくさん申請される方は有料会員(500円/月~)がお薦めです(無料会員の方も申請はもちろん可能です!)