社員数1~50名の経営者の皆さまへ無料で助成金コンサルティングを受けませんか?

  • 日程を予約する
  • 料金を確認する

助成金コンサルで明確になること

  • 1.年間活用計画の完成
  • 2.実施施策(研修・制度)の決定
  • 3.申請書類の明確化
事 例
お知らせ
2015年7月〜9月の申請支援数は300社を超えました。

誰がコンサルを実施するのか

誰がコンサルを実施するのか

月間100社以上の助成金申請支援を請け負う「Jマッチ」の認定コンサルタントが担当します。
Jマッチは2014年4月の正式オープン後、約7000名の経営者に利用いただく助成金取得申請サービスです。
「中小企業でも大手企業並みの人材育成が出来るはず」を合い言葉に、全国20の社労士事務所と提携し「申請手続き」「実施研修」「導入制度」をわかりやすいパッケージとして企画、提供しています。これをJプラットフォームと呼んでいます。

Jプラットフォームの特長

まず、どうすれば良いのか?

まずはこちらからご予約下さい。
場所は「渋谷クロスタワー32F(渋谷駅徒歩3分)
Jマッチ事務局ミーティングスペースとなります。
もちろん、お電話でのご連絡でも結構です。
TEL:03-5784-0722(受付担当:玉城・小出)

予約ページへ

予約ページへ

Google Mapへ

渋谷区渋谷2-16-1 渋谷クロスタワー32F

最後に

助成金は雇用保険が原資になっています。大企業がたくさん保険料を支払い、中小企業に再配分される制度です。
御社が雇用保険の保険料をきちんと支払っているようであれば、遠慮無くご活用されることをお勧めいたします。
会費をきちんと支払っている会員への魅力的な特典制度です。

一方で、気をつけるべき点が2点あります。ひとつ目は、保険料という会費を滞納してしまうと助成金の受給資格がなくなってしまうことです。
中小企業支援施策の一環として用意されている助成金ですが、本当に追い詰められてしまうと、その支援を受けられなくなってしまいます。

二つ目は受給金額に注意を向けすぎないことです。
助成金コンサルを実施すると想像以上に「たくさんの金額を貰える」ため、ほぼ全員が驚きます。
そして「幾ら貰えるの?」という話ばかりになってしまうことがあります。
そうではなく「どんな経営課題を解決したいのか」「そのために何をするべきなのか」「その結果としてどんな助成が受けられるのか」という順に考えて下さい。

それでは、お会いできる時を楽しみにしています。無料期間中に是非ご利用下さい。

予約フォーム
ご都合の日程をクリックしてご予約ください

お電話でも結構です。TEL:03-5784-0722

追伸

全国で助成金活用勉強会を開催しています。
一緒に開催されたい方は遠慮なくご連絡下さい。
経営者が5名以上集まるようであれば、いつでも実施可能です。
現在、オンラインでの開催にも取り組んでいます。

お問い合わせはこちら