アコムは土日・祝日でも当日中に増額可能!申込方法や手順を解説

/

本コンテンツには広告を含む場合があり、記事内には企業のホームページへの広告リンクを一部掲載しています。
これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。

提携企業一覧

アコムで限度額いっぱいまで借りてしまい、追加で融資を受けられない

そんな場合は、「契約限度額の増額」を検討しましょう。

アコムは土日・祝日でも、当日中に増額することが可能です。増額すれば追加融資ができるだけでなく、金利が下がる可能性もあります。

この本記事では、アコムにおける増額の申込方法、増額審査で確認されるポイントなど知っておきたい知識をご紹介します。アコムの増額審査に落ちた場合の対処法も併せて紹介するため、増額以外の解決策も検討できるでしょう。

アコムは利用限度額を増額できる

アコムの増額は土日も可能

アコムの契約限度額は増額することができます。「契約限度額いっぱいまで借りてしまった」という方は、増額を検討してみてください。

アコムの契約限度額の増額とは、限度額内の追加融資とは異なり、利用枠自体の引き上げのことを指します。

例えば、現在の契約限度額が30万円で増額して50万円になった場合、追加で20万円まで借り入れることが可能です。必ずしも希望金額が通るわけではありませんが、追加で借り入れしたい場合に有効です。

また、アコムは土日・祝日でも、基本的に増額申請したその日の内に回答をもらえます。そのため「急にお金が必要になった」という場面でも、契約限度額を増額すれば金欠状態を解消できます。

増額には審査が必要

アコムで増額申請をすれば、必ず契約限度額を増やせるわけではありません。増額の際は審査が必要となり、申込者の返済能力を基に契約限度額が再調整されます。

この増額審査では申込者本人の返済能力以外にも、アコムにおける過去の返済実績も確認されています。「何度も返済を延滞している」などのトラブルを起こしている場合、増額審査で不利に働くため注意が必要です。

また、「アコムの増額審査は甘い」と言われることもありますが、そのような事実は存在しません。そもそも審査基準は明確に公表されていないため、第三者が「審査は甘い」「審査は厳しい」と判断することはできないのです。

アコムの増額審査は土日・祝日にも対応していますが、申込む時間帯や審査内容によっては翌日以降の回答になる場合もあります。

増額時に必要な書類

アコムの増額審査では、基本的に書類提出は不要です。しかし「初回契約時から勤務先が変わっている」「収入に大きな変化があった」など、場合によっては本人確認書類が必要になります。

本人確認書類の一例

  • 運転免許証(表・裏)

  • 保険証(表・裏)

  • パスポート(写真・住所記載部分)

  • マイナンバーカード(表面のみ)

また、アコムでの借入金額が50万円を超える場合や、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合は、以下のような収入証明書の提出が必要です。

収入証明書の一例

  • 源泉徴収票

  • 給与明細書

  • 市民税・県民税額決定通知書

  • 所得証明書

  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

書類に個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は、個人番号、本籍地を隠す(塗りつぶす)などを行い、写らない状態にしてから提出する必要があります。

アコムにおける増額の申込方法

アコムの5つの増額方法

アコムにおける増額の申込方法は、全部で以下の5つがあげられます。

増額方法受付時間
1.アコム総合カードローンデスク9:00~18:00
2.会員ページ(インターネット)24時間可能※
3.アコムのATM24時間可能※
4.自動契約機(むじんくん)9:00~21:00(年中無休、ただし年末年始は除く)

21:50~8:00に申込みした場合は、9時以降の回答となる

増額申込は「アコム総合カードローンデスク」がおすすめ

増額の申込方法は複数ありますが、アコムの公式HPでは「アコム総合カードローンデスク」が推奨されています。

「アコム総合カードローンデスク」では、担当者と直接会話しながら手続きを進められるため、その場で不安点や疑問点を解消できるでしょう。

また、担当者がその場で「増額できるのかどうか」を調べるので、よりスピーディに審査結果がわかります。店舗に足を運ぶ必要もないことから、特段の理由がなければ「アコム総合カードローンデスク」から申込を行いましょう。

「会員ページ」「アコムATM」「自動契約機(むじんくん)」で申込む場合、状況によっては増額手続きに時間を要することがあります。「アコム総合カードローンデスク」であれば、増額手続きを確実に進められます。

アコムの契約限度額を増額する手順

アコム増額方法

アコムの契約限度額を増額する手順をそれぞれ解説します。あらかじめ手順を明確にしておけば、増額手続きをスムーズに進められるはずです。

アコム総合カードローンデスク

アコムのオペレーターに電話をかけて増額する方法です。「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」に電話をかけ、「契約限度額を増額したい」という旨を伝えましょう。

その場で増額審査を行うため、すぐに増額可能なのかどうかが判明します。担当者受付時間は9:00~18:00なので、その時間内に電話をかけましょう。時間内に間に合わなかった場合は、翌日以降の対応となるため注意が必要です。

  1. アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話をかける

  2. 契約限度額を増額したい旨を伝える

  3. オペレーターの指示に従い、いくつか質問に答える

  4. 増額審査が実施される

  5. その場で審査結果が通知される

会員ページ(インターネット)

インターネットを用いて、アコムの会員ページから増額申請を行います。申込み自体は24時間行えるため、日中に時間を取れない方にも向いています。

ただし、21:50~8:00に申込んだ場合は、9時以降の回答となるため注意が必要です。

  1. アコムの会員ページにログインする

  2. 「極度額等の変更のお申し込み」を押す

    表示がない場合は会員ページから申請できません

  3. 申込内容を入力する

  4. 増額審査が実施される

  5. 審査結果が電話で通知される

アコムのATM

アコムの専用ATMを使って増額申請する方法です。会員ページ(インターネット)と同様、申込みは24時間いつでも行えます。

  1. アコムのATMにローンカードを挿入する

  2. 「極度額等の変更申込」を押す

    表示がない場合はアコムのATMから申請できません

  3. 画面の指示に従って申込内容を入力する

  4. 増額審査が実施される

  5. 審査結果の通知が来る

自動契約機(むじんくん)

アコムの実店舗に設置されている「自動契約機(むじんくん)」を用いて増額申請します。自動契約機(むじんくん)の営業時間は9:00~21:00で、土日・祝日でも利用できます。

ただし、年末年始などは営業時間が一部異なる場合もあるため、利用する前に確認しておきましょう。

自動契約機(むじんくん)を使って増額申請する場合、運転免許証などの本人確認書類の原本が必要となります。事前に該当書類を用意しておくことをおすすめします。

なお、自動契約機(むじんくん)の設置場所は、公式サイトの「店舗・ATM検索」から検索可能です。

  1. アコムの無人店舗に直接出向く

  2. 担当者に増額したい旨を伝える

  3. 担当者の指示に従い、いくつか質問に答える

  4. 増額審査が実施される

  5. その場で審査結果が通知される

契約限度額を増額すると金利が下がる可能性がある

アコムの金利

契約限度額を増額すると、追加融資できる金額が増えるだけでなく、金利が下がる可能性もありますアコムの貸付利率は3.00%~18.00%(実質年率)であり、これは契約限度額によって変動します。。

つまり、増額したことで契約限度額が一定の金額を超えた場合、借入金額に対する金利が低下するということです。アコムが設ける具体的な基準は以下の通りです。

契約限度額貸付利率(実質年率)
1万円~99万円7.7%~18.0%
100万円~300万円7.7%~15.0%
301万円~500万円4.7%~7.7%
501万円~800万円3.0%~4.7%

このように、増額によって契約限度額が上昇すれば、金利が下がる可能性があります。金利を下げるために増額を検討するのもひとつの手です。

契約限度額100万円以上の増額は、アコムにとってハイリスクとなるため、信頼性がなければ難しいと言えます。

一覧表の通り、アコムの契約限度額は最大800万円です。ほかの借入先に比べて高い傾向にあるため、「多額の融資を検討している」という方はアコムが第一選択肢となるでしょう。

アコム

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短20分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!利用者数ナンバーワン
  • 申込から借入まで最短20分の即日融資も可能!
    ※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • 新規契約から30日間は金利0円

公式サイトはこちら

アコムの増額審査で確認される4つのポイント

アコムの増額審査で重要となる4つのポイント

増額審査の明確な基準は公表されていませんが、以下4つのポイントが確認されています。

  • アコムの返済実績

  • 他社の借入件数・金額

  • 総量規制への抵触

  • 個人情報の変更

これから増額申請する予定の方は、以下詳細を確認した上で申込みを検討しましょう。それぞれのポイントを押さえることで、審査を有利に進めることができるはずです。

アコムの返済実績

確認されるポイントひとつ目は、アコムの返済実績です。これまでの返済実績を基に、「増額しても返済できるのか」が判断されます。

カードローンは信用が最も重要となるため、これまで金融トラブルを起こさず、期日通りに毎月返済を行っていれば、審査で有利に働きます。

反対に、返済期日の支払いが毎回遅れているといった場合は、アコムからの信用はなくなってしまうため、審査通過が難しくなるでしょう。

他社の借入件数・金額

アコムの増額審査では、他社の借入件数・金額も重要です。アコム以外の借入件数や金額が多い場合、「貸し倒れのリスクがある」と思われてしまう可能性が高くなります。

さらに、他社の借り入れを長期で延滞しているのであれば、信用情報に事故情報が登録されてしまうため、増額審査は高確率で落ちてしまうでしょう。

信用情報とは

クレジットカードやローン契約に関する情報を指します。増額審査に関わらず、審査の際はこの信用情報が参照されます。

信用情報はほかの金融機関でも共有されるため、他社の借り入れでもトラブルを避けることが大切です。

総量規制への抵触

増額審査の際は、総量規制への抵触を確認されています。アコムは消費者金融であるため、貸金業法の一部である総量規制を守る必要があります。

総量規制とは

「貸金業者が行う貸付は、申込者の年収の3分の1を超えてはいけない」という規制のことです。この総量規制は、貸金業者ひとつからの借入金額だけでなく、すべての貸金業者を含めた借入総額に対して適用されます。

例えば、年収300万円の申込者が増額する場合、増額後の契約限度額は100万円までに抑えなければなりません。また、すでに他社から50万円借りているのであれば、アコムの契約限度額は50万円までとなります。

それ以上の金額は総量規制に抵触してしまうため、増額希望を出しても必ず審査落ちします。アコムで審査落ちしないためにも、増額する前にご自身の年収と借入総額を確認しておきましょう。

個人情報の変更

勤務先が変わっていないか、住居状況に変化はないか、年収は下がっていないかなど、個人情報の変化も確認されています。特に勤務先や年収が変わっている場合は注意が必要です。

もし勤務先に変更がある場合は、収入証明書の提出だけでなく、在籍確認が再度行われる可能性もあります。

また、以前より収入が上がっていれば審査で有利に働きますが、逆に年収が下がっているのであれば、審査通過は難しくなるでしょう。

増額できなかった場合に検討すべきカードローン

増額審査の対策をどんなに行ったとしても、審査に落ちてしまう可能性があります。その場合、他社のカードローンを検討したほうがスピーディな解決に繋がります。

なぜなら、増額審査に一度落ちてしまった場合、しばらくの間は再度増額を申請しても通らない可能性が高いためです。また、短期間で連続して増額申請したことにより、場合によっては契約限度額の減額や、利用停止のリスクも伴います。

そのため、アコムで増額できなかった場合は、ほかのカードローンも検討してみてください。

さらに、一部消費者金融を新規契約すれば、無利息サービスが設けられます。その場合、一定期間は利息なしで借り入れできるため、アコムを増額するよりもお得に利用できます。

なお、スムーズな借り入れを希望するのであれば、アコムと同様の大手消費者金融が適切です。最短即日融資に対応している大手消費者金融は以下の通りです。

消費者金融実質年率利用限度額審査時間※1融資時間※1無利息期間
アイフル3.0%~18.0%1万円〜800万円最短18分※1最短18分※1あり
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短3分最短3分あり
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円申込後、最短15秒最短25分※2あり
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円〜800万円最短10秒審査最短1時間なし

1 お申込の状況によってはご希望にそえない場合があります。
※2 WEBからお申込いただいた場合に限ります。

金利で選ぶならプロミス

金利の低さを優先するなら、「プロミス」が第一選択肢となります。プロミスは最大金利が17.8%であり、ほか借入先に比べて0.2%低く設定されています。

初めて利用する消費者金融の金利は、ほとんどの場合で最大金利が選択されるため、最低金利よりも最大金利が重要です。

借り入れに対する金利を低く抑えることで、完済までに支払う利息を大幅に減らすことできるため、プロミスは「支払う利息をできるだけ抑えたい」という方に選ばれています。

プロミス

金利
年4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短3分※
プロミス
  • WEB申込なら最短3分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

    ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

公式サイトはこちら

バレずに利用したいならアイフル

周囲の人にバレずにカードローンを利用したい方は、「アイフル」が適切だと言えます。アイフルは原則、電話連絡による在籍確認を行っていません。

また、自宅への郵送物もなしにできるため、勤務先や家族にバレるリスクを大幅に抑えられます。

さらに、アイフルは最短18分で申込みから融資までが完了します。「どうしても内緒でカードローンを契約したい」「スピーディに借り入れしたい」という方に適切です。

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短18分※
アイフル
  • 融資まで最短18分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断で借入可能か事前に知れる

お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

公式サイトはこちら

初めて利用する人なら選べる無利息のレイク

無利息で選ぶのであれば、「レイク」が候補にあがります。レイクは初めて利用する人であれば、無利息を選べるからです。他の大手消費者金融の場合、無利息を選ぶことはできません。

無利息期間とは

借り入れに対する利息が一切発生しないサービス期間のことです。一部の消費者金融が初回限定で提供しています。

無利息期間は最大30日が一般的ですが、レイクは最大30日間・最大60日間・最大180日間の3種類から選択できます。それぞれ適用される条件は以下の通りです。

サービス期間適用条件
30日無利息・レイクを初めて利用する
・契約限度額が1万円~500万円まで
60日無利息・レイクを初めて利用する
・契約限度額が1万円〜200万円まで
・WEB申込みで契約する
180日無利息・レイクを初めて利用する
・契約限度額が1万円〜200万円まで

180日の無利息は、借入金額のうち5万円までが利息0円になります。5万円を超過した分については、通常通りの利息が発生するため注意してください。

3種類の無利息期間は併用できないため、ご自身の利用状況に合わせて選択しましょう。

レイク

金利
年4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイク
  • WEB申込なら初めての人は60日間利息0円
  • 最短25分で融資も可能
  • レイクアプリの利用でカードレス可能

1.180日間無利息との併用不可
2.Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方が対象
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

公式サイトはこちら

アコムの増額に関するよくある質問

アコムの増額に関するよくある質問を紹介します。疑問点や不安点がまだ解消されていない方は、以下の内容をご確認ください。

  • Q
    学生でも増額できる?
    A
    アルバイト収入の3分の1以下であれば増額できます。

    アルバイト等で安定した収入があれば、学生でも増額可能です。その場合、総量規制の観点から、年収の3分の1以下の金額という制限はあります。

    ただし、実際の契約限度額は増額審査によって判断されるため、希望すれば必ずその金額が通るわけではありません。また、アルバイト収入があまり安定していない場合は、返済のことを考慮した上で増額を検討しましょう。

    学生がお金を借りる方法6選!メリット・デメリットも紹介
  • Q
    土日・祝日でも増額できますか?
    A
    基本的に土日・祝日でも問題なく増額できます。

    アコムの増額審査は土日・祝日でも対応しているため、平日以外でも基本的に増額可能です。

    ほかの申込方法も審査受付時間が決まっているため、24時間いつでも増額できるわけではありません。アコムの審査受付時間は21:00までなので、余裕を持って1時間以上前に申請しましょう。
  • Q
    増額するデメリットはある?
    A
    契約限度額を引き下げられる可能性があります。

    増額審査では、アコムの取引状況や他社の借入状況が確認されます。その際、新規契約時よりも収入が減っていたり、他社の借入金額が大幅に増えていたりする場合、契約限度額が減額されることもあります。

    そのほか、アコムの返済を何度も滞納している、他社で金融トラブルを起こしているなどの場合は、カードローンの利用を停止される可能性もあるため、それらリスクを考慮した上で増額を検討しましょう。
  • Q
    勝手に増額されることはある?
    A
    契約者の同意がない状態で増額されることはありません

    契約限度額の増額には審査が必要であるため、アコムの判断のみで増額されることはありません。

    ただし、増額可能な状況にあるときは、アコムから案内の電話やメールが来ることはあります。案内の電話やメールが来たとしても、了承しなければ増額されることはありません。
  • Q
    新規契約から半年以上経過しないと増額審査は通らない?
    A
    利用日数が半年以内でも増額審査に通る場合もあります。

    アコムを新規契約してから半年以上経っていなくても、増額審査に通る可能性は十分あります。ただし、基本的に日数が経っていない増額審査は、あまり賢明とは言えません。

    アコムの増額審査では、これまでの返済実績を基に判断しています。あまり日数が経っていないと判断材料が少ないため、審査落ちする可能性が高いと言えるでしょう。

まとめ

本記事では、アコムにおける増額の申込方法、増額審査で確認されるポイントを解説しました。

アコムは契約限度額の増額を行い、利用枠を引き上げることが可能です。しかし、誰でも増額できるわけではなく、増額審査に通過しなければなりません。

その審査では主に4つのポイントが確認されており、申込者の返済能力や返済実績を踏まえて契約限度額が再調整されます。とはいえ、増額審査の対策をどんなに行ったとしても、審査に通らない可能性があります。

そんな場合は、本記事で紹介した別の借入先を確認し、ご自身に合った解決策を見つけてみてください。

プロミス

金利
年4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短3分※
プロミス
  • WEB申込なら最短3分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

    ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

公式サイトはこちら

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短18分※
アイフル
  • 融資まで最短18分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断で借入可能か事前に知れる

お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

公式サイトはこちら

レイク

金利
年4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイク
  • WEB申込なら初めての人は60日間利息0円
  • 最短25分で融資も可能
  • レイクアプリの利用でカードレス可能

1.180日間無利息との併用不可
2.Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方が対象
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

公式サイトはこちら

レイクのサービス内容について
社名:新生フィナンシャル株式会社
登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
電話番号:0120-09-09-09
貸付条件
貸付利率:4.5%~18.0%(年率)
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
融資限度額 :1万円~500万円
返済方式:残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
必要書類:運転免許証等
※収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)
返済期間・回数: 最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は変動します。
利用対象:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
収入条件:安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
遅延損害金: 20.0%(年率)
担保・保証人: 不要
※ご契約には所定の審査があります。貸付条件を確認し、借入と返済のバランスを考えて計画的に利用しましょう。
無利息に関して
・Webで初めてお申込みで60日間無利息
・初回契約翌日から無利息適用となります
・無利息期間経過後は通常金利適用となります
・Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。

記事の編集責任者

佐野 希拓 Kihiro Sano

愛知県出身。高校・大学に通いながらフリーの作曲家として活躍する傍ら、WEB上でのさまざまな文章作成に携わる。転職を機に本格的な金融系ライターとして活躍し、メディア制作・運営実績は10サイト以上。作成した総記事数は400本以上。
「最適な意思決定支援」という信念を持ち、読者が納得できる記事制作を心がけている。