今すぐお金が必要な時の対処法8選【状況別】

/

「金欠状態だけど、今すぐにどうしてもお金が必要」という悩みはありませんか?

当日中にお金を用意する対処法は、大きく分けて8つ考えられます。

それぞれ特徴が異なり、人によって適した対処法が違います。内容をひとつずつ確認した上で検討してみてください。

そのほか、生活費の不足で困ったときの対処法、やってはいけない行動なども併せて解説します。

今すぐお金が必要な場合の対処法8選!

今すぐお金を用意する8つの方法

今すぐにお金が必要な時の対処法は、大きく分けて以下の8つが考えられます。

今すぐお金を用意する方法特徴
友人や家族から借りる信頼関係があれば無利子・無担保で借りられる
消費者金融カードローンを利用する最短即日中に融資を受けられる
クレジットカードのキャッシング枠を用いるすでにキャッシング枠が備わっていれば、即日中に借りられる
質屋を利用する換金性の高い物品が必要ではあるものの、審査を受ける必要がない
不用品を売却する売却した物品は戻ってこないが、手間や労力をあまり必要としない
日雇いバイトで稼ぐ時間をかけた分だけ確実にお金を用意できる
生命保険の契約者貸付を利用するまとまったお金を低金利で借りられる
ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する未成年や学生、無職の方でも融資を受けられる

現在の金欠状態を解消するためにも、以下詳細を参考にしてみてください。

1.友人や家族から借りる

身の回りに頼れる友人や家族がいる場合、まずはその人からの借り入れを検討しましょう。仲の良い友人や家族であれば、保証人や担保なしでお金を貸してくれるはずです。

借入時の審査も不要なので、金融機関の審査通過に自信がない方でもお金を用意できます。

ただし、借りる相手が親しい間柄であればあるほど、お金の貸し借りはシビアです。仮に返済が遅れてしまった場合は、その後の人間関係に大きく影響を与えてしまうため、多額の借り入れはできるだけ控えましょう。

なお、「貸した貸してない」といったトラブルに繋がる恐れもあることから、文書にサインをしておくなど、何かしらの証拠を残しておくことをおすすめします。

2.消費者金融カードローンを利用する

2つ目の対処法は、消費者金融カードローンの利用です。消費者金融カードローンとは、専用カードを用いて少額の融資を受けられるローン商品のことです。

最大の特徴は融資までのスピードであり、条件を満たせば即日中にまとまったお金を借りられます。また、コンビニや銀行のATMを使って借入・返済できることから、利便性に優れているのが特徴です。

しかし、消費者金融カードローンを利用するためには、会社ごとに設けられている審査基準をクリアする必要があります。そのため、誰でも利用できるわけではなく、安定した返済能力が求められます。

3.クレジットカードのキャッシング枠を用いる

クレジットカードのキャッシング枠を用いる、という対処法もあります。すぐに融資を受けられる可能性があるため、クレジットカードを所持している場合、まずはこの方法をご検討ください。

そもそもクレジットカードには、通常の買い物で使用する「ショッピング枠」と、ATMなどで現金を借りられる「キャッシング枠」の2種類があります。

ショッピング枠を用いた現金化は原則禁止されていますが、キャッシング枠を使って現金を借り入れる行為は問題ありません。

カードローンと同じく利便性に優れているものの、キャッシング枠が備わっていない場合もります。その場合、審査が必要になるため注意が必要です。

4.質屋を利用する

町中にある質屋を利用して、お金を借り入れる方法もあります。質屋の利用には審査が必要ないため、金融機関の審査に通らない方でも検討できます。

そもそも質屋での借り入れは、ご自身が所持している換金性の高い物品を持ち込み、その物品を担保にしてお金を借り入れるシステムです。質屋から借りられる金額は、担保にした物品の価値によって左右されます。

担保となる物品の一例

  • ブランド物の財布やバッグ

  • 高級腕時計

  • 宝石

  • パソコン

  • スマートフォン

質屋での借り入れは返済期日を過ぎても催促されることはありませんが、返済期日までに完済できなかった場合、預けた物品は回収されてしまいます。

預けた物品が戻ってこないリスクを考慮した上で、質屋の利用を検討しましょう。

5.不用品を売却する

不用品を売却するのもひとつの手です。売却したものは戻ってきませんが、換金性の高いものでなくても有効です。

売却できる不用品の一例

  • 家具

  • ゲーム機やゲームソフト

  • 調理器具

  • 衣服

  • アクセサリー

不用品の売却方法としては、「ヤフオク!」「メルカリ」「買取専門店」などがあげられます。「売却するのが面倒」という方は、フリマアプリを用いた売却方法をおすすめします。

6.日雇いバイトで稼ぐ

6つ目の対処法は、日雇いバイトです。日雇いバイトの種類にもよりますが、当日中に給料を受け取れるケースもあります。

また、日雇いバイトの最大のメリットは、働いた分だけ確実にお金を用意できることです。労働する手間や労力はかかるものの、何かを売却したり借り入れたりする必要がありません。

日雇いバイトの一例

  • イベントスタッフ

  • チラシやティッシュ配り

  • アプリの動作チェック

  • 軽作業スタッフ

  • リゾートバイト

  • 季節商品の販売員

  • 物品や年賀はがきの配達員

また、ご自身の得意なことや好きなことを仕事にできます。楽に稼げるわけではありませんが、スキルを伸ばしながらお金を稼ぐことが可能です。

7.生命保険の契約者貸付を利用する

生命保険の契約者貸付を利用する、という対処法もあります。特別な審査なしで、まとまったお金を短期間で用意できます。

生命保険の契約者貸付とは

契約している生命保険の「解約返戻金」を担保にして融資を受ける制度です。解約返戻金は、生命保険を解約したときに戻ってくるお金を指します。

契約者貸付を使ってお金を借り入れた場合でも、生命保険の保障内容はそのまま維持されます。また、比較的に金利が低いというのも利点です。

生命保険に加入していたとしても、本制度を利用できないケースもあります。本制度は解約返戻金を担保にして融資を受ける制度なので、掛け捨てタイプなどの生命保険では利用できません。

8.ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用すれば、審査なしでお金を用意できます。ゆうちょ銀行の自動貸付は、ゆうちょ銀行で取り扱っている「定期貯金」と「定額貯金」を担保にして、お金を借り入れる制度です。

これまでご自身が積み上げてきた貯金を担保にし、その預入金額の90%以内で融資を受けられます。

この自動貸付は即日中にお金を借りられるほか、未成年や学生、無職の方でも利用可能です。

ゆうちょ銀行に定期貯金または、定額貯金がないと本制度は利用できません。また、利用限度額が比較的に低いため、多額の借り入れは困難です。

今すぐにお金を借りたい時はカードローンがおすすめ

消費者金融カードローンは最短即日融資にも対応

すぐにお金を借りたい時は、カードローンがおすすめです。その場合、銀行カードローンではなく、消費者金融カードローンを選択しましょう。

銀行カードローンは最短翌日以降の融資であるのに対し、消費者金融カードローンは最短即日融資に対応しています。そのほか、カードローンには以下3つのメリットがあります。

カードローンのメリット

  • 借りたお金の使いみちを問われない

  • 無担保・保証人なしで利用できる

  • 利用状況に応じて何度でも借り入れできる

最短即日融資に対応している場合でも、申込状況やタイミングによっては、即日中にお金を借りられないこともあります。事前に営業時間や審査受付時間を確認しておきましょう。

選ばれているカードローン5社

消費者金融カードローンと言っても、提供している会社は複数あります。その中でも、特に選ばれている消費者金融は以下の5社です。

消費者金融実質年率利用限度額審査時間※1融資時間※1無利息期間
アコム3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短30分後最大30日間
アイフル3.0%~18.0%1万円〜800万円最短25分※2最短25分※2最大30日間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短30分最短1時間最大30日間
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円最短30分最短1時間最大180日間
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短1時間なし

1 お申込の状況によってはご希望にそえない場合があります。
2 WEBからお申込いただいた場合に限ります。

これら大手の消費者金融は、国内でも有名なメガバンク等が運営しており、知名度や利便性に優れています。初めてカードローンを利用する方でも、安心して手続きを進められるはずです。

生活費が不足している場合は公的融資制度を検討すべき

生活費の不足で困っている場合の公的融資制度

生活費が不足して困っている場合は、以下の公的融資制度を検討してみてください。

  • 緊急小口資金

  • 総合支援資金

  • 求職者支援資金融資

公的融資制度の目的は「生活費が不足している人を支援すること」であるため、金融機関の審査に通らない方でも利用できます。

また、ほかの借入方法に比べて金利が低く、担保や保証人を原則必要としません。生活費の困窮で悩んでいる方は、以下詳細をご確認ください。

緊急小口資金

緊急小口資金は、緊急かつ一時的に生活費が足りなくなった場合に、少額の融資を受けられる制度です。対象者は「休業によって生活費の維持が困難になった方」であり、最大10万円までの融資を受けられます。

ただし、現在は特例制度が適用されて、最大20万円までの借り入れが可能です。申請期間は令和4年6月末日までとなっています。

なお、特例制度の対象者としては、新型コロナウイルス感染症の影響により、休業および仕事の減少で収入が減った世帯としています。

特例制度の申請期間は、状況によって変更される可能性があります。詳しくは厚生労働省のウェブサイト「緊急小口資金について」をご確認ください。

総合支援資金

総合支援資金は、主に失業などで収入が減少し、生活が困難になった方を対象とした制度です。本制度は生活を立て直すことが目的であり、さまざまな状況に対応して3つの支援金に分けられています。

こちらも緊急小口資金と同様、新型コロナウイルス感染症の影響により、特別貸付が実施されています。

対象者は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等で生活が困窮し、日常生活の維持が困難になっている世帯です。融資金額は世帯人数によって異なります。

世帯人数融資金額貸付期間
2人以上月20万円以内原則3月以内
単身世帯月15万円以内原則3月以内

本制度は無利子で保証人も不要なので、新型コロナウイルス感染症によって生活費の不足に陥っている方は、ぜひ検討してみてください。

特例制度の申請期間は、状況によって変更される可能性があります。詳しくは厚生労働省のウェブサイト「総合支援資金について」をご覧ください。

求職者支援資金融資

ハローワークの職業訓練の受講中に受け取れる給付金だけでは、毎月の生活費が不足してしまう場合に利用できる制度です。本制度を利用するためには、以下2つの条件をクリアする必要があります。

求職者支援資金融資を利用する条件

  • 職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方

  • ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方

総合支援資金と同じように、本制度も世帯人数によって融資金額が異なります。具体的には以下の通りです。

世帯人数融資金額
2人以上月額最大10万円×受講予定訓練月数
単身世帯月額最大5万円×受講予定訓練月数

本制度の貸付利率は年3.0%と比較的に低く設定されており、2人以上の世帯であれば最大120万円の借り入れが可能です。条件を満たしている方は、本制度をぜひ一度ご検討ください。

お金が必要でもやってはいけない4つの行動

お金が必要でも絶対にやってはいけない4つの行為

「どうしてもお金が必要」という場面でも、絶対にやってはいけない行動が4つあります。

  • 違法な闇金業者を利用する

  • 個人間融資を利用する

  • クレジットカードを用いて現金化する

  • ギャンブルで一攫千金を狙う

これら行動をしてしまうと、借金がさらに膨らむ、人生そのものが破綻する、といったリスクが伴います。どんな状況であったとしても、絶対に行ってはいけません。

NG行動1.違法な闇金業者を利用する

ひとつ目のやってはいけない行動は、違法な闇金業者の利用です。闇金業者を利用した場合、以下のようなリスクが伴います。

闇金融を利用するリスク

  • 法外な利息を請求される

  • 脅迫まがいな取り立て被害に遭う

  • 勤務先に迷惑行為をされる

闇金業者は審査通過に自信がない方でも利用できます。しかし、一度でも利用すると後戻りできなくなるため、絶対に利用してはいけません。

なお、闇金業者は「貸金業者登録番号」によって見分けられます。正規の貸金業者は必ず貸金業者登録番号を取得しているため、企業名と番号が一致しない業者はすべて闇金融です。

この貸金業者登録番号は、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」から検索できます。

NG行動2.個人間融資を利用する

個人間融資の利用にも注意しなければなりません。個人間融資とは、SNSや掲示板などで知り合った個人と、直接的に金銭取引を行うことです。

個人間融資を行った場合、以下のようなリスクを孕みます。

個人間融資のリスク

  • 法外な利息を請求される

  • 個人情報を悪用される

  • 迷惑行為や厳しい取り立てをされる

  • 詐欺の被害に遭う

  • 犯罪に巻き込まれる

そもそも個人間融資のほとんどが違法行為であるため、SNSや掲示板で金銭取引を持ち出されても、絶対に応じてはいけません。

NG行動3.クレジットカードを用いて現金化する

やってはいけない行動3つ目は、クレジットカードを用いた現金化です。

レジットカードの現金化が発覚すると、カードの利用が停止された上で、利用した分を一括請求される恐れがあります。

クレジットカードの現金化とは

「ショッピング枠」を使って換金性の高い商品を購入し、その商品を売却して現金を手に入れる行為のことです。

ほとんどのクレジットカード会社で禁止されているため、お金がなくても絶対に利用してはいけません。

NG行動4.ギャンブルで一攫千金を狙う

ギャンブルで一攫千金を狙う行為も危険が伴います。一攫千金に成功すれば、金欠状態を解消できるかもしれませんが、失敗した場合はさらに借金を負うことになります。

また、お金がないときのギャンブルは正常な判断が難しいため、お金を失うリスクが高いと言えるでしょう。

スロットやパチンコ、競馬などのギャンブルは、趣味の一環として適度に楽しむための娯楽です。生活費を賭けたギャンブルは持ち金すべてを失うリスクがあるため、一攫千金を狙っている方は考えを改めましょう。

まとめ

本記事では、今すぐお金が必要な場合の対処法、お金がなくてもやってはいけない行動を解説しました。

今すぐにお金を用意する方法は8つほど考えられますが、それぞれ特徴が大きく異なります。内容をひとつずつ確認した上で、ご自身に合った対処法を見つけてみてください。

なお、「できるだけ早くお金を用意したい」という場合は、消費者金融カードローンが第一選択肢となります。中でも大手消費者金融の「アイフル」は、融資までのスピードに優れているため、ぜひ一度検討してみてください。

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

記事の編集責任者

佐野 希拓 Kihiro Sano

愛知県出身。高校・大学に通いながらフリーの作曲家として活躍する傍ら、WEB上でのさまざまな文章作成に携わる。転職を機に本格的な金融系ライターとして活躍し、メディア制作・運営実績は10サイト以上。作成した総記事数は400本以上。
「最適な意思決定支援」という信念を持ち、読者が納得できる記事制作を心がけている。

TOPへ戻る