キャッシングの審査に通過するには?基準や利用までの流れも解説

/

キャッシングの審査基準とは?

急にお金が必要になった時のために、現金をすぐに借りられるキャッシングサービスと契約しておくと、とても役立ちます。

ただ、キャッシングを利用するには必ず審査を受ける必要があります。本記事ではキャッシングの審査に通るポイントについて紹介するので、参考にしてください。

キャッシング審査の基準は3つ

キャッシングの利用には、必ず審査を受けて通らなければいけません。

審査基準は明確に公開されているわけではありませんが、一般的に以下の3点が重要とされています。

キャッシング審査の基準

  • 安定した収入があるか

  • 信用情報に傷がないか

  • 他社で借入があるか

この3つのポイントについて理解しておけば、審査に通る確率も上がりますので、事前に理解しておきましょう。

安定した収入があるか

金融機関は、融資したお金が無事に返済されるかチェックする必要があります。そのため、申込者が継続して返済できるだけの安定した収入があるかを確認しているのです。

安定した収入というのは、毎月一定以上のお金を稼いでいる人を指します。例えば、正社員や公務員として働いている人は、毎月安定した収入があるとされやすいです。

キャッシングは、フリーランスや自営業の方でも利用できますが、毎月の収入が不安定だと、審査には通りづらくなってしまいます。

無職や専業主婦の方など、申込者自身に収入のない方はキャッシングを利用することはできません。

信用情報に傷がないか

過去のクレジットカードやローンの契約情報・返済情報などは、信用情報機関で管理されています。金融機関は信用情報機関から、申込者の情報を入手して、過去の利用状況を元に審査を行います。

信用情報機関

金融会社から登録される信用情報を管理・提供している機関。金融会社は、ローン審査時に申込者の返済能力を確認するため、信用情報機関に登録されている情報を利用する。

そのため、過去に返済の遅延や延滞・債務整理などの記録が残っている人は審査に通りにくくなってしまいます。信用情報に傷をつけないために、普段から返済の遅延などをしないように注意しましょう。

信用情報機関取扱情報
JICC(日本信用情報機構)クレジットカード・携帯料金などの履歴
CIC(株式会社シー・アイ・シー)消費者金融の履歴(カードローンなど)
JBA(全国銀行個人信用情報センター)銀行情報の履歴(銀行ローンなど)

他社の借入状況

他社で借入を行っている場合も、審査に通りにくくなる場合があります。借金を色々なところでしている人は、多重債務状態になるため、返済ができなくなる可能性が高くなるからです。

多重債務

複数の貸金業者から借金をしている状態。

加えて、総量規制という法律があります。この法律は、利用者の「借りすぎ」を防ぐために作られたもので、借入の合計金額が年収の3分の1を超えてはいけないことを定めたものです。

例えば、年収300万円の人は、100万円以上の借入ができません。既に他社で100万借入をしている人が他社のキャッシングに申込しても、それ以上の融資は受けられないため、審査に通りません。

クレジットカードのキャッシング審査は時間がかかる

クレジットカードのキャッシングの審査は、一般的に申込から数日間かかることが当たり前で、会社によっては利用まで1〜2週間かかってしまう場合もあるため、「早くキャッシングをしたい」という方には、少し不向きです。

そのため、クレジットカードのキャッシングを利用するのであれば、時間に余裕を持って申込する必要があるでしょう。

キャッシング審査の流れ

キャッシングの審査は以下のような流れで進んでいきます。

  1. 申込フォームに必要事項を入力

    インターネットでの申込が主流です。

  2. 必要書類の提出

    本人確認書類、収入証明書などが必要になります。

  3. 審査・結果の連絡

    メールや書面で結果が連絡されます。

これらの手順について、詳しく解説するので参考にしてください。

申込フォームに必要事項を入力

最近では来店不要で、スマホ1つで申込できるWEB申込を利用する人が増えています。WEB申込は土日祝日問わず24時間受付しているため、仕事の日でもすぐに契約までできるというメリットがあります。

WEB申込の際、申込フォームに入力する情報は下記の通りです。

申込フォームに入力する情報

  • 生年月日

  • 氏名

  • 性別

  • 自宅情報

  • 家族情報

  • 勤務先情報

  • 他社借入状況

  • 希望借入額

必要書類の提出

キャッシングの審査にあたり、書類の提出が必要です。必要書類には、本人確認書類と収入証明書があります。

本人確認書類は必ず提出する必要があるので、事前に準備をしておきましょう。

本人確認書類となるもの

  • 運転免許証

  • マイナンバーカード

  • パスポート

  • 健康保険証

収入証明書は、金融機関が定める一定の額以上の借入をしようとした場合に提出を求められます。

収入証明書が必要となるケースは「借入希望額が50万円超になる場合」と「他社を含めた総借入残高が100万円超となる場合」です。この条件に当てはまらないケースでも、金融機関によっては収入証明書の提出を求められるケースもあるので、心配な方は事前に問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

収入証明書となるもの

  • 給料明細書(最新のもの)

  • 確定申告書

  • 源泉徴収票

  • 所得証明書

審査・結果の連絡

審査の結果はメールか電話で伝えられます。その際に注意すべきことは、借入限度額が希望していた額に届いているかです。

審査自体には受かっていても、借入額が減らされている場合があります。例えば、希望額を40万円で出していたけど、契約時には30万円を提示されるなんてこともあるのです。

そのため、審査の結果通知が届いた際には、必ず利用条件を確認してから、契約するようにしてください。

選ばれているキャッシング機能付きクレジットカード

キャッシング機能付きクレジットカードは、多くの会社が発行しています。その中でも多くの人に選ばれているクレジットカードを3つ紹介します。

クレジットカードのキャッシング利用を考えている人は、参考にしてみてください。

多くの人に選ばれているクレジットカード3選

  • 三井住友カード(NL)

  • 楽天カード

  • セゾンカードインターナショナルDigital

三井住友カード(NL)

三井住友カードは年会費が永年無料で、キャッシングの返済にリボ払いも選択できます。コンビニやマクドナルド利用時にはポイント還元が大きいという特徴があります。

三井住友カード(NL)のキャッシング金利は年18.0%です。

楽天カード

楽天カードは楽天市場の買い物でポイント還元率が非常に高いことから会員が急増中のカードです。2021年12月時点で、楽天カード発行枚数は2,500万枚を突破しました。

通常のカードは年会費無料です。楽天モバイルや楽天電気など、楽天のサービスを利用することでポイント還元率が上がっていきます。楽天経済圏を利用している人は、楽天カードを検討してみましょう。

楽天カードのキャッシング金利は年18.0%です。

セゾンカードインターナショナルDigital

セゾンカードインターナショナルDigitalは、審査完了からすぐに専用アプリ内にカードが発行され、キャッシング機能を使うことが可能です。

また特定の水族館やレジャー施設、ホテルなどでセゾンカードを提示すると優待価格で施設が利用できます。

金利は年12.0%〜18.0%ですが、初回利用時には18.0%が適用されることが多いようです。

急いでいるならカードローンを利用しよう

「早くキャッシングをしたい」という方は、カードローンの利用を検討すると良いでしょう。カードローンはクレジットカードのキャッシングよりも審査時間が短く、早いところだと申込から最短30分ほどでお金を借りることができます。

また、カードレスで利用できるところも多いので、カードを発行せずに、スマホのアプリを使ってATMから現金を引き出せる利点もあります。

カードローンの金利はクレジットカードより低く設定されている

カードローンは借入専門のサービスのため、クレジットカードのキャッシングと比べて金利も低く設定されていることが多いです。

例えば、三井住友カードの場合クレジットカードのキャッシングは金利年15.0%~18.0%ですが、カードローンでは金利年1.5%~14.0%に設定されています。

お金を借りる際には金利が低いほど利息を抑えられます。そのため、「お金の借りる頻度が多い」「まとまったお金を借りたい」という方は金利の低いカードローンを利用した方が良いでしょう。

キャッシングカードローン
借入限度額10万円~100万円500万円~800万円
金利(年)15.0%~18.0%1.5%~18.0%

即日融資ができるカードローン5選

ここからは、早くキャッシングしたい方に向けて、即日融資に対応しているカードローンを5つ紹介します。

カードローンは借入専用のサービスですが、会社によっていろんな特徴があるので、自分に合ったものを見つけていただければと思います。

即日融資ができるカードローン5選

  • プロミス

  • アコム

  • アイフル

  • SMBCモビット

  • アイフル

プロミス

プロミスは2022年オリコン顧客満足度調査「はじめて利用者満足度」で1位を獲得しており、多くの人に選ばれているカードローンです。WEB申込で最短30分で借入が可能です。

プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、会員ページから振込依頼をすると、時間を問わずいつでも最短10秒で振込が完了し、振込手数料もかかりません。

プロミス

金利
年4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分(WEB)
プロミス
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • 各種手続きはWEBで完結

公式サイトはこちら

アコム

「はじめてのアコム」でおなじみ、三菱UFJフィナンシャル・グループが提供しているアコムです。消費者金融の中で、最も顧客数が多く信頼と実績があります。

アコムも最短30分で借入が可能で、初回契約日翌日からは30日間金利0円のサービスが受けられます。

また、楽天銀行利用の方なら土日祝日問わず、依頼をしてから最短1分で振込をしてくれるサービスもあります。

アコム

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!利用者数ナンバーワン
  • 申込から借入まで最短30分の即日融資も可能!
  • 新規契約から30日間は金利0円

公式サイトはこちら

アイフル

WEB申込であれば、最短25分で借入が可能で、申込後に急いでいる旨を電話で伝えると、優先的に審査をしてくれるサービスもあります。

さらに、カードを発行しなくても、公式アプリを使えばコンビニATMからお金を借りられるので、「とにかく早くキャッシングをしたい」という方に選ばれています。

アプリで利用できるコンビニATM

  • セブン銀行ATM

  • ローソン銀行ATM

アイフル

金利
年3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットは、その名の通りSMBCグループが提供しているカードローン会社です。

SMBCモビットは最短30分で審査が完了します。申込者への郵送物が一切発生しないWEB完結申込を利用すれば、家族にばれずに借入が可能です。

またローンを返済することでTポイントが貯まったり、返済にTポイントを使うことができます。Tポイントを普段から使う方は、SMBCモビットを検討しましょう。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能※
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

レイクALSA

レイクALSAは新生銀行グループが提供しているカードローンで、テレビCMもよく流れています。新生銀行のATMであれば手数料をかけずに利用ができます。

Web申込限定で、初めての利用に限り200万円までの借入は60日間利息が無料になります。

無利息期間を長く活用してして借入をしたい方は、レイクALSAを検討しましょう。

レイクALSA

金利
年4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • WEB申込なら初めての人は60日間利息0円
  • 最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

キャッシングに関してよくあるQ&A

Q1:審査に通りやすいキャッシングはありますか?

A.特定のカード会社がキャッシングに通りやすいということはありません。

ただ、金融機関により審査基準が異なるため、他のカード会社では審査に受かることがあります。

Q2:カードローンとクレジットカードのキャッシングの審査基準は違いますか?

A.カードローンとキャッシング機能付きクレジットカードの審査基準に大きな違いはありません。

カードローンもクレジットカードのキャッシングにも大きな違いはありません。「安定した収入」「信用情報」「他社の借入状況」などから審査が行われます。

Q3:キャッシングしたお金は自由に使えますか?

A.原則、キャッシングで借入したお金の用途に制限はありません。

基本的にキャッシングで借りたお金は自由に使えますが、事業目的での利用を禁止している金融機関もあります。

まとめ

金融機関は、貸したお金をしっかり返済できる人にしか融資をしません。

  • 安定した収入があるか

  • 信用情報に傷がないか

  • 他社で借入があるか

審査に通るには、この3つのポイントが重要になるので、事前に確認をしておきましょう。

クレジットカードのキャッシング審査は基本的に数日はかかるため、早くキャッシングしたい人には向いていません。早くキャッシングをしたいのであれば、即日融資に対応しているカードローンを選びましょう。

どのカードローンを選べばいいか分からないという方は、本記事で紹介した「アイフル」や「プロミス」を検討してみてください。

TOPへ戻る