カードローン複数社の同時申込に注意!審査への悪影響などを解説

/

アイキャッチ

記事の監修者

山内 真由美 ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) 住宅ローンアドバイザー DCプランナー2級

北海道出身 国立大学法人 小樽商科大学 商学部卒。大学卒業後、10年間食品メーカー勤務。夫の転勤を期に退職し、北海道から東京へ。都市銀行の運用相談部門勤務後、地域の家族のお金のアドバイザーとして「FPオフィスライフ&キャリアデザイン」を開所。家計の見直し相談や家族のライフプラン相談を得意とする。自身の経験に基づきアドバイスを必要としているご家族へ発信中。

>>FPオフィスライフ&キャリアデザイン

カードローンでまとまったお金を借りようと考えた時、複数社から借入可能なのか気になる人もいるのではないでしょうか。

結論からいうと、複数社からお金を借りることは可能です。ただし、1社で借りるより返済の負担が大きくなり、カードローン審査に通過しにくくなるなどのデメリットが生じます

この記事では、カードローン複数社への申込する際の注意点やデメリット、審査への悪影響などを解説していきます。

カードローン複数社の同時申込には要注意

複数社でカードローンを利用する際の注意点

カードローン複数社からお金を借りる際、注意しなければならないのが同時申込による審査への悪影響です。

審査時には、信用情報機関を通じて他社への申込状況が確認されます。その際、複数社への同時申込をしていた場合、審査で不利になる傾向にあります。

また、複数社からの借入できたとしても、1社から借りるより返済に対する負担が大きくなることを理解しておかなければなりません。

カードローンでまとまったお金を借りる際は、1社に絞ることでデメリットを回避できると考えておきましょう。

カードローン複数社への申込によるデメリット

複数社への申込によるデメリット

複数社へのカードローン申込は、審査に悪影響を与えるだけではなく、利息が大きくなるなどのデメリットをもたらします。

複数社へ申込するデメリット

  • 信用情報機関に申込記録が残る

  • 複数社で借入した場合は、返済日の管理が大変になる

  • 複数社で借入した場合は、1社で借りるよりも毎月支払う利息が増える

これらのデメリットをさらに具体的に解説していきます。

信用情報機関に申込記録が残る

複数社へのカードローン申込をしている情報は、直ちに信用情報機関に登録されます。

審査時に複数社への申込記録が確認された場合、生活費や家計が圧迫してる状況と判断されやすく、審査落ちにつながりかねません。

信用情報機関は、カードローン審査時に個人の信用情報を各金融機関へ共有し、以下のような事実があった場合には審査で不利になります。

審査で不利になる信用情報

  • 複数社へ同時申込をしている

  • 複数社から借入をしている

  • 他社カードローンの審査に落ちている

カードローンの申込情報や審査落ちの事実を記録されている期間は、最長6ヶ月です。

信用情報の確認はどのカードローン審査でも確実に行われるため、複数社への申込はなるべく控えるべきだといえます。

複数社で借入した場合は返済日の管理が大変になる

複数社の審査に通過してお金を借りられたとしても、それぞれの返済期日をきちんと守りながら返済を継続しなければなりません。

カードローンによって返済日や返済方法が異なり、1社でも返済が遅れた場合には、遅延損害金が発生する可能性もあります。

ローン返済の遅延や遅延は、信用情報に悪影響を与える原因となるため、支払期日は確実に守るべきです。

毎月複数社の利息を支払うため、毎月の返済の負担が増える

月単位で返済にかかる負担を見た時、1社で借りるよりも、複数社で借入した方が毎月支払うべき利息が増えやすくなります。

例えば、3社から借入した時、各ローンの返済にかかる利息を毎月支払うことになるため、月単位で返済にかかる負担が増えるということです。

複数社で借入したとしても、各ローンの借入限度額を増額したり、返済期間を短くしたりすることで、利息の総額を減らすことができます。

カードローンの借入先を1社に絞るメリット

カードローンの借入先を1社に絞るメリット

カードローンの借入先を1社に絞ると、審査に通過しやすくなる他、以下のようなメリットがあります。

借入先を1社に絞るメリット

  • 審査に通過しやすくなる

  • 返済日の管理が楽になる

  • 返済額を抑えられる

複数社で借入しようと考えている人は、これから紹介するメリットを十分に理解した上で、もう一度借入方法を検討してみてください。

審査に通過しやすくなる

カードローン審査では、1社に絞って申込する方が、ローン返済を無理なく継続できる人だと判断されやすくなります。

さらに、審査では他社借入額や借入件数も併せてチェックされます。現時点で複数社から借入している人は、他社借入をできる限り減らした上で申込しましょう。

返済日の管理が楽になる

1社に絞って借入することで、毎月の返済日を覚えやすくなり、支払いを忘れて遅延させてしまうリスクも軽減されます。

毎月特定の日に向けて返済に充てる資金を工面すれば良いため、複数社で借りるよりも返済計画を立てやすくなるでしょう。

毎月の返済額を抑えることができる

カードローンの借入先を1社に絞ることで、複数社で借りるよりも借入限度額が高くなり、比較的低い金利が設定されます。

金利が低くなるということは、月単位で見た場合に返済にかかる利息が減るということです。

金融機関によって上限金利が異なるため、あらかじめ把握した上で借入先を選定してみてください。

消費者金融借入限度額金利
プロミス最大500万円年4.5%〜17.8%
アコム最大800万円年3.0%〜18.0%
アイフル最大800万円年3.0%〜18.0%
SMBCモビット最大800万円年3.0%〜18.0%
レイクALSA最大500万円年4.5%〜18.0%

複数社へ申込する前に検討すべきこと

複数社でお金を借りる前に行うべき行動

複数社からの借入はデメリットが多いため、まずは1社だけで必要なお金を借入可能かどうかを判断しましょう。

消費者金融カードローンなら、1社で借入可能な金額を事前に把握することが可能です。また、1社で契約済なら借入限度額を増額することも検討しましょう。

1社で借入可能な金額を計算する

総量規制に基づいた融資を行っている消費者金融カードローンは、年収の3分の1が借入限度額と制限されます。

例えば、年収300万円の人の場合、消費者金融カードローンの借りられる可能性のあるお金は100万円までです。

必要とするお金が借入可能額の範囲内で収まるのであれば、まずは1社で申込することを検討してみてください。

契約済のカードローンで増額申請する

すでに1社で借入している状況では、そのカードローンの増額申請も視野に入れましょう。

増額審査に通過できれば、1社での返済を継続できるため、月単位で返済にかかる利息を抑えることができます。

また、借入限度額が増えることで金利が下がるため、メリットの大きい手段といえます。契約極度額(利用枠)に応じて、適用される借入利率が下がり、複数社で借りるよりも、1社でまとめて利用した方が金利を低くできる可能性があります。

複数申込で審査通過するためにするべきこと

複数社の審査に通過しやすい人の特徴

どうしても2社以上から借入したい人は、各社への返済を安定的かつ継続的に行える状況を整える必要があります。

また、複数社への同時申込は審査で印象が悪くなるため、1社ずつ期間を空けて申込するようにしましょう。

複数申込で審査通過するためにすべきことを、さらに詳しく解説していきます。

審査に通過しやすい状況をつくる

カードローン審査では、安定した収入があることを前提に、以下のような特徴のある人が審査に通過しやすくなります。

カードローン審査に通過しやすい人の特徴

  • 毎月、安定した収入を得ている

  • 返済に充てる資金を継続的に生み出せる

  • 他社借入額や件数が少ない

  • 信用情報に問題がない

現時点で、生活費に赤字が出ているような状況であれば、収入を増やす、もしくは家計簿をつけながら節約するなどして返済を安定的に継続できる状況をつくりましょう。

1社ずつ申込する

複数社への同時申込は避け、1社ずつカードローン審査の結果を見てから次の判断をしましょう。

万が一審査に落ちてしまった場合、審査落ちの事実が信用情報機関で最低6ヶ月間記録されます。そのため、6ヶ月以上の期間を空けた上で、再度申込するようにしてください。

また、カードローンは各社で審査基準が異なるため、期間を空けなくとも別のカードローン審査に通過する可能性もあります。

毎月の生活資金に余力を残せる状態をつくった後は、他社への申込も視野に入れてベストな選択肢を取りましょう。

カードローン複数社への申込に関するFAQ

ここからは、カードローンの複数申込や複数借入に関して、よくある質問と回答を紹介していきます。

初めてカードローンを利用する人は、ぜひ参考にしてください。

Q. 複数社への申込でも審査は通りますか?

A. 複数社へ申込をした場合でも、全ての審査に通過する可能性があります。

ただし、1社に絞るよりも審査に通過するのは難しくなります。また、各社の申込フォームには、総量規制に反さない借入額希望額を入力しなければなりません。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、他社借入が2件以上になると審査に通過するのが難しくなるといわれています。

Q. 審査に通過しやすいカードローンはありますか?

A. 特定の消費者金融や銀行が審査に通過しやすいという事実はありません。

なぜなら、金融機関各社は、法律に基づいた厳格な審査基準を設けているからです。

審査基準は各社で非公開とされていますが、審査に落ちる原因を事前に把握しておくことで、申込前に対処することも可能です。

審査に落ちる原因

  • 収入が不安定である

  • 収入に対して支出が大きい

  • 他社借入額が多い

  • 他社借入件数が多い

  • 借入希望額が大きすぎる

  • 信用情報に問題がある

上記のいずれかに当てはまる場合には、原因を解消した上で申込しましょう。

Q. 他社借入件数をごまかす方法はありますか?

A. 他社借入件数や利用状況をごまかすことはできません。

なぜなら、クレジットカードや各種ローンの利用状況は、信用情報機関を通じてリアルタイムで情報共有されているからです。

審査で不利にならないためにも、短期間での複数社の同時申込は避けるようにしてください。

まとめ

複数社へのカードローン申込は、審査落ちの原因になる他、借入できた時に返済にかかる負担が大きくなるなどのデメリットが生じます。

カードローンを利用する場合、1社に絞ることで返済日の管理が楽になり、複数社で借りるよりも月単位で返済にかかる負担を抑えることが可能です。

まとまったお金を借りる目的で、複数社に申込することを考えている人は、1社で必要なお金を借りられるかどうかをまず判断しましょう。すでに1社で契約済であれば、増額申請も視野に入れて、複数社からの借入をなるべく避けることを検討してください。

それでも複数社に申込をする場合は、各社への返済を問題なく継続できる状況を整えた上で、1社ずつ申込を行いましょう。

大手消費者金融実質年率金利利用限度額審査時間※1融資時間※1無利息期間
アコム3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短30分最大30日間
アイフル3.0%~18.0%1万円〜800万円最短25分※2最短25分※2最大30日間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円最短30分最短30分最大30日間
レイクALSA4.5%~18.0%1万円〜500万円最短25分※2最短25分※2最大180日間
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短即日なし

※1 お申込の状況によってはご希望にそえない場合があります。
※2 WEBからお申込いただいた場合に限ります。

監修者コメント

山内 真由美 ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) 住宅ローンアドバイザー DCプランナー2級

増額申請には収入証明書類の提出が必要にある場合があります

複数社に借入れを申し込むことは、「お金に困っている」や「お金に余裕のない」という印象を与えてしまいます。そのため、申請は1社毎にすることがおすすめです。すでに利用しているカードローン会社がある場合は、まずは増額申請を検討しましょう。順調に返済しているという実績は、審査に有益となります。

TOPへ戻る