国内の中小企業を活性化するために、この大好評サービスの宣伝を、手伝って頂けませんか?

いつでもお気軽にお電話・メールにてお問い合わせ・御相談ください!
打ち合わせ希望の方はこちら
(参考)コンセプト説明ページへ

 中小企業でも優秀な人材を育成したい!大企業に負けない研修体制を作ることができれば、日本全体が活性化するのではないか!?

この文章に共感いただけましたら、すぐにご連絡ください。共感が全てだと思っています!詳細を知ってから問い合わせたい、という方は、以下の文章をご一読ください。

答えを見つけることができました。それは、助成金を活用した
「中小企業向け無料社員研修サービス」でした。

年間3000種類の助成金・補助金が存在すると言われています。
これらを企業ごとに最適に組み合わせ、活用することで、
おおよそ100万円~500万円の社員研修を無料で実施することが可能です。
私達は、このサービスをパッケージ化し、セミナーを開催しました。
そうしたところ、ものすごい勢いで売れ始めていきました。

  • 医療系事務会社C社さまとの事例
  • S森行政書士事務所さまとの事例
  • ECネットワーク運営のG社さまとの事例

とんでもない数字が出てしまった...

共同でミニセミナーを開催した場合、参加社の平均38%が申込み短期集中販売の場合、7日後に売上発生業種が絞り込め、かつ事前に概要を理解している企業経営者をセミナーに集客できた場合、最大100%がその場で申込み(5社参加5社申込みなど複数のセミナーで実現)これは全て実際の数字です。そうそうたる結果が出ています。

ただ、本サービスの実現に際しては大きな3つの障害がありました。

「こんな良いサービス、なんで今まで無かったのでしょうか?」
当初、私達も不思議でした。ですが、一年半ほど自社で試行錯誤する中で、
その理由がはっきりと分かりました。

役所との対応が非常に大変
助成金問い合わせ窓口は市区町村毎にわかれています。
そして、それぞれの窓口ごとに回答が微妙に異なり、何が正しいかわかりません。これは実話です。私達は厚生労働省の専門部署の電話番号を突き止め、今ではそこに直接確認を取るホットライン体制を構築することに成功しました。
社労士事務所との対応が非常に大変
助成金の手続きは通常社労士が行います。
ですが、社労士は3000種類の助成金最新情報を全て知っていることはありません。私達は5つの社労士事務所と戦略的に提携し、最新の助成金情報の提供と、数百件の申請案件を集中的に投下し、助成金申請のスペシャリストを育成しました。
研修害者との対応が非常に大変
研修会社も最新の助成金情報に詳しいわけではありません。
研修名称の付け方次第で助成率が半分に減ったりします。私達は20の研修会社と提携し、業界ごとに研修をリパッケージ提供しました。

これは全て実際の話しです。私達はこの体制を構築するのに、実に1年半の年月がかかってしまいました。

なるほど、と思われた方は是非いいね!をお願いいたします。

ここからは、収益の話をいたします。

手元の1000枚の名刺から、
いくらの利益が確定するか計算してみてください。

計算の前提は「既存取引先の10%をミニセミナーに呼ぶこと」
「参加社の38%が申し込むということ」「受注単価は90万円にするということ」の3つです。

御社が実施する作業は「ミニセミナーに呼ぶ」ことだけです。
その他の煩わしい作業(セミナー講師、研修説明、資料用意、申請手続き等)は一切ありません。
セミナー会場も弊社が全て用意します。
例えば、既存名刺1000枚をリスト化し、そこに何通かのメールを送信しても良いと思います。
名刺のデジタルデータ化やメール配信システムの提供も弊社の方で実施可能です。送信するメール原稿までご提供します。

繰り返しになりますが、これは実際の数字です。
机の引き出しにある全ての名刺を引っ張りだして、デジタルデータ化&メール配信を実施してください。
名刺が3000枚であれば、1000万円以上の利益がまじめに狙えます。

そして、何より、皆さんの取引先企業の社長さんは、普通に喜ぶと思います。
誰にも教えてもらえず、今までずっと機会損失していたものですから。

思ったより金額が大きいと感じた方はいいね!を是非お願いいたします。
スタッフ一同、励みになります!

まずはすぐにご連絡ください。TELでもメールでも結構です。

提携までの流れは、以下のように進めさせていただきます。細かい不明点は遠慮なく聞いてください。

電話番号:03-5784-0718

打ち合わせ希望の方はこちら
(参考)コンセプト説明ページへ

お問い合わせされない方は、何とぞいいね!だけでもお願いします。
本サービスを日本中に広げられるよう、頑張ります!

一緒に日本を活性化しましょう。中小企業が力を合わせれば、絶対に実現できると思っています。本気の企業様、お待ちしています!(個人の方でも結構です。共感いただけるかた、待っています)